質問箱を設置しました!

消化仕入とは?取引の特徴と会計処理をわかりやすく解説(新収益認識に関する会計基準の解説)

消化仕入れ(収益認識基準) 収益認識

消化仕入というのは、主に百貨店や大型ショッピングセンターなどでみられる取引形態です。

今回は新収益認識の会計基準に関連して、その「消化仕入」の会計処理・仕訳について解説をしていきます!

収益認識まとめ

消化仕入とは

消化仕入とは、商品が販売されたタイミングで、その商品を仕入れたとする取引形態です。

これだけだと意味がわからないと思うので、具体例で確認していきましょう。

消化仕入取引の具体例

具体例取引の前提事項

登場人物

  • A社(メーカーまたは卸売業者)
  • 当社(百貨店)→今回の主役
  • 顧客

消化仕入れの登場人物

取引

  • A社の商品を当社の店舗(テナントスペース)で販売する

消化仕入れの取引

今回は百貨店である当社が主役です。

では、取引の流れを確認していきます。

 

① A社が当社店舗に商品を陳列する

消化仕入れの取引

まずA社が、当社の店舗に商品を陳列します。

商品は当社にありますが、当社がこの商品を購入したわけではありません

  • 商品の所有権
  • 商品の在庫リスク(売れ残った場合、誰が損するか)
  • 販売価格の決定権

これらはすべてA社にあります

これを一言でいうならば

A社が商品を支配している

となります。

消化仕入れの取引

 

逆に当社目線で言えば、

当社は、A社に対して、販売する場所や機会を提供しているだけ

となります。

Point

  • 当社は商品を販売場所を提供しているのみで、商品を仕入れたわけではない
  • 当社は商品を支配していない

 

② 顧客が当社店舗で商品を購入する

消化仕入れの取引

続いて、顧客が当社の店舗に来店し商品を購入します。

この時、消化仕入の場合は以下の2つが同時に起きたと考えます。

・当社はA社から商品を仕入れた
・当社は顧客へ商品を販売した

消化仕入れの取引

つまり「商品仕入れてすぐ売った」と擬制するのです。

Point

  • 消化仕入では「仕入」と「購入」が同時に起きる

このように商品が売れた時点(消化した時点)で仕入れるのが「消化仕入」です。

消化仕入は別名として「売上仕入」とも言うんじゃ
消化仕入のメリットはなんなの?

消化仕入取引の特徴(メリット・デメリット)

販売されるまでは商品の所有権及び保管責任は当社(百貨店側)にないため、

在庫リスクを負担せずに済む

という点が当社にとっての一番のメリットです。

また、他にも下記の特徴があります。(これらは「当社が在庫リスクを負わない」という点から派生する特徴です)

消化仕入のメリット・デメリット

メリット

  • 多種多様な商品を扱うことが可能となる

デメリット

  • 当社(百貨店側)の利益率は、通常の「買取仕入」形態よりも低くなる
  • 商品の販売価格の決定権は仕入先(卸売業またはメーカー)にある

収益認識基準と消化仕入

消化仕入は代理人としての取引

新収益認識基準により消化仕入で論点となるのは、

「本人と代理人の区分」

です。

具体的には、当社(百貨店側)は、商品の販売を本人として行っているか、代理人として行っているかという点です。

本人と代理人の区分の会計処理を理解する!(新収益認識に関する会計基準の解説)
収益認識基準のわかりやすい解説シリーズ - 本人・代理人の考え方について図解を交えながらわかりやすく説明をします。(書いた人:CPA公認会計士講座 専任講師 登川雄太)

この点、消化仕入は通常、

代理人に該当する

と考えられます。

代理人であるかどうかの判定指標

・企業が財またはサービスの提供に対して主たる責任を有しているか
・企業が財またはサービスに係る在庫リスクを有しているか
・企業が財またはサービスの価格の設定において裁量権を有しているか

Point

  • 消化仕入は「代理人」に該当する

消化仕入の仕訳例

最後に仕訳例を確認しましょう。

仕訳例

当社は消化仕入契約の対象の商品を1,000円で顧客に販売した。同時に消化仕入契約に基づき買掛金800円を計上した。

収益は200になる
借  方 金額 貸  方 金額
現金 1,000 買掛金 800
手数料収入 200

このように消化仕入は代理人の会計処理に従って、収益は純額で認識することになります。

Point

  • 消化仕入れ取引の収益は純額で認識する
スポンサーリンク

最後に

デパートのマルイを運営する丸井グループの決算短信をご紹介します。

消化仕入取引について、従来、「売上高」及び「売上原価」を総額表示しておりましたが(中略)純額表示へ変更しております。(中略)遡及適用前と比較して、前連結会計年度の「売上収益」及び「売上原価」はそれぞれ155,100百万円減少しておりますが、「売上総利益」、「営業利益」、「経常利益」及び「税金等調整前当期純利益」に与える影響はありません。
丸井グループ|平成28年3月期決算短信

総額表示から純額表示へ変更した結果、売上高が大きく減少しています。

(また本記事で引用はしませんでしたが、科目も「売上高」から「売上収益」に変更しています。)

売上高と売上収益の違い。令和は売上高よりも売上収益の時代?

従来は消化仕入れに関する会計処理の定めはなかったため、丸井グループのように総額表示を行っている実務上の例が多くあるそうです。

しかし新収益認識の基準により、消化仕入は基本的に「純額で収益認識」となりました。

純額表示に変更する場合には、丸井グループのように売上高に大きな影響を与えますので注意が必要です。
なお、総額表示を純額表示にしても、利益の額に影響がないのでその点もおさえておきましょう。

もし「本人・代理人の区分」という論点が弱い方は下記の記事を参考にして下さい!

本人と代理人の区分の会計処理を理解する!(新収益認識に関する会計基準の解説)
収益認識基準のわかりやすい解説シリーズ - 本人・代理人の考え方について図解を交えながらわかりやすく説明をします。(書いた人:CPA公認会計士講座 専任講師 登川雄太)

収益認識まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
収益認識 論点解説
\#会計ノーツで感想をツイートしよう/
このノーツを書いた人
nobo

会計ノーツ編集長のnoboです。
普段はCPA会計学院で公認会計士講座の講師をしながら、会計の教え方を日々研究しています。
公認会計士試験、日商簿記1級に合格済みです。

\更新情報を受け取る/
会計ノーツ|楽しくわかる、わかるは楽しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました