【完全無料】簿記3級独学の決定版★CPAラーニング

【図解】フローとストックを理解する!両者の関係をおさえよう!

n

登川 雄太(nobocpa

CPA会計学院 公認会計士講座 講師

こんにちは!

今回は、会計を理解する上でとても重要な「フローとストック」についてシンプルに解説します!

CPAラーニング

結論

まずは結論から。

会計でいうフローは、「一定期間の増減額」のことを指します。

対して、ストックは、「一定時点の残高(量)」のことです。

いまいちピンと来づらいと思うので、図解つきの具体例を用意しました。

具体例

まず、お風呂に水が1リットル入っているとします。

フローとストックの図1
フローだけに、おフロの例なんだね

今からこのお風呂に水を入れていくのですが、同時に排水口から水が出ていってしまう、としましょう。

フローとストックの図

今回は、「5リットル入れたけど、2リットル出て行った」とします。

そうすると、いまお風呂には4リットルの水があることになります。

フローとストックの図
うんうん

これをベースにフローとストックを説明します。

まず、フローとは「一定期間の増減」のことです。

つまり、この例では「5リットル入れたけど、2リットル出て行った」がフローです。

フローとストックの図

フロー(flow)は英語で「流れ」という意味ですが、文字通り水の流れをイメージすれば分かりやすいと思います。

対して、「一定時点における量」がストックです。

ストック

初めに入ってた1リットル、今入っている4リットルがストックという概念です。

なるほど、フローが一期間の増減で、ストックが一時点の量か!そんなに難しい話じゃなかった!

フローとストックの関係

フローとストックは別の概念ではありますが、決して無関係ではありません。

むしろ密接な関係性をもっています。

それは、「フローの分だけストックが増減する」という関係です。

フローとストックの図

上記の図を見れば一目瞭然です。

最初の1に、フローの「+5」と「-2」を加減するからこそ、今の量は4になったのです。

「フローは原因、ストックは結果」と捉えることもできるね

するどい!その通りです。

損益計算書と貸借対照表

財務諸表でいえば、損益計算書がフローの財務諸表で、貸借対照表がストックの財務諸表と言われます。

BSとPL

損益計算書は、一期間の経営成績を示すのでフロー
貸借対照表は、一定時点の財政状態を示すのでストック

さっき、フローとストックは関係性があると説明しましたが、これはPLとBSも例外ではありません。

クリーンサープラス関係

このように、利益の分だけ資本が増加するという関係を持っています。
ちなみに、これをクリーン・サープラス関係と呼びます。

フローとストックの大事なポイント

では、ここで問題です!

え!急に!?

結局、お風呂の水は何リットル増えたでしょうか?

え、あ、、、またお風呂か、、、えーっと、5リットル入れて2リットル出たから、3リットル?

正解です!

ホッ、簡単な問題でよかった

今、ボブは「5リットル-2リットル」で計算しましたが、これはフローに着目した計算式と言えます。

フロー?

下記の図を見てみてください。

フローとストック
確かに、「5-2」はフローに着目した計算と言えるな…

対して、ストックに着目して計算することもできます

ストックは、最初の1と最後の4…あ、そうか!1リットルの水が4リットルになったって考えれば、「4-1」で3リットルを計算できるんだ!
フローとストックの図

そのとおりです。

純増加量の3リットルは、ストックの差でも算定できます。

つまり、「一定期間の増減額は、ストックからでも、フローからでも、どちらからでも求めることができる」のです。

言われれば当たり前のことなのですが、この見方は会計ではとても大切です。

なぜなら、ある金額を計算する際に、フローからの方が計算しやすい場面もあれば、ストックからの方が計算しやすいこともあるからです。

よって、両方の計算をおさえておくことが、計算力や理解の強化につながるのです。

フロー・ストックと売上原価の計算

フローのうち、給水した5をインフロー(inflow)、排水の2をアウトフロー(outflow)と呼ぶことにします。

では、もう1つ問題です。

下記で「?」となっているアウトフローの量はいくらでしょうか?

さっきまでの数値と全く同じなので、考えなくてもわかると思いますが、答えは「2リットル」です。

フローとストックの図

計算式にすると、こうなります。

最初1+インフロー5-最後4=アウトフロー2

うんうん

この計算式から判明する大事なポイントがあります。

それは、「どれくらい出たか(アウトフロー)?」は、「ストックとインフローの情報があれば計算できる」という点です。

どういうこと?

特に難しくはありません。
さっきの計算式をもう一度見てみてください。

アウトフローの2は、「ストック情報の1と4」と「インフローの5」を使って計算してますよね。

確かに…でも、これがどうしたの?

実は、会計ではこの計算式がよく登場するのです。

一番典型的なのは売上原価の計算です。

【売上原価の算定】図解を用いてわかりやすく解説します(簿記3級)

売上原価とは、払い出された商品の原価であり、言い換えるなら商品のアウトフローの金額です。

簿記では、この金額を「期首在庫+当期仕入-期末在庫」で計算しますが、これはまさにストックとインフローを使った算式と言えます。

期首在庫と期末在庫がストックで、当期仕入がインフローか、、、確かに!

ストックとインフローの関係がしっかりわかっていれば、公式のように丸暗記するのではなく、ちゃんと納得しておさえることができるのです!

CPAラーニング

最後に

本記事は以上です。

最後に紹介した売上原価の計算のように、会計ではアウトフローをストックとインフローから計算することは多くあります。

そのため、フローとストックの関係を理解することは、会計の理解につながります。

特に難しい概念ではないので、しっかりおさえるようにしましょう!

●余談→フローとストックの関係は、お風呂の水で説明しきれない理由

簿記の基礎
\この記事をツイートする/
完全無料で簿記が勉強できるの知ってますか?

合格に必要なすべてが無料でご利用できます。手間もかからず、1分で学習開始が可能です。
気軽にどうぞ!

★出版のお知らせ★

P.S.
最後までお読み頂きありがとうございます!
この下にコメント欄がありますので、ぜひお気軽に感想や質問ください(n^o^)b

会計ノーツ|楽しくわかる、わかるは楽しい。

コメント

免責事項 当サイトは管理人による個人サイトであり、利用者に対して個々の状況に応じた専門的アドバイスを提供するものではありません(具体的なご相談は、各種専門家にお問い合わせください)。従って、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、当サイトの内容は管理人の個人的な見解であり、CPA会計学院の公式見解ではないことをお断り申し上げます。
タイトルとURLをコピーしました