【完全無料】簿記3級独学の決定版★CPAラーニング

フローとストックをお風呂で説明するのは不適切!?

n

登川 雄太(nobocpa

CPA会計学院 公認会計士講座 講師

フローとストックの解説記事をアップしました。

【図解】フローとストックを理解する!両者の関係をおさえよう!

内容を簡単にまとめると、

  • フロー→水の増減
  • ストック→お風呂の水の量

そして、フローとストックの関係は、

  • フローの分だけストックが増減する

と解説しました。

フローとストックの図
うんうん。お風呂をイメージしたらわかりやすかった

しかし、一見わかりやすいように思えるこの具体例、実は説明としては片手落ちになっています。

具体的には、「フローとストックの関係を説明しきれていない」のです。

え?「フローの分だけストックが増加する」っていう関係でしょ?水が3リットル入ってきたら、お風呂の水も3リットル増える…

フローの分だけストックが増える、これは正しいです。

しかし、お風呂の例では、もう一つの関係性である

「フローはストックから生み出される」

ということが説明できないのです。

フローはストックから生み出される…

お風呂の例では、フローは蛇口と排水口で説明しました。

蛇口と排水口による水の増減は、「元々お風呂に入ってた水の量」とは何ら関係がありません

その結果、お風呂の例では、フローはストックとは関係なく生じるように見えていました

フローとストック
確かに…

ですが、会計におけるストックとフローの関係は違います。

フローはストックから生じるのです。

会計でいうフローは利益(または現金増加額)です。

そして、その利益はストックであるBSの資産から生み出されます

ストックからフローが生じる
確かに利益は無からは生まれない…!資産を活用することで生じるんだ!

そのとおりです。

フローはストックから生み出されるものなのです。

お風呂の例ではその関係を説明できません。

これが、お風呂の例が片手落ちである理由です。

とは言っても、お風呂の例が直感的にわかりやすいのは事実です。

お風呂の例でフローとストックのイメージをつかんだ上で、もう1つ、「フローはストックから生じる」という点もおさえるようにすればOKです👍

nobo's notes(コラム)
\この記事をツイートする/
完全無料で簿記が勉強できるの知ってますか?

合格に必要なすべてが無料でご利用できます。手間もかからず、1分で学習開始が可能です。
気軽にどうぞ!

★出版のお知らせ★

P.S.
最後までお読み頂きありがとうございます!
この下にコメント欄がありますので、ぜひお気軽に感想や質問ください(n^o^)b

会計ノーツ|楽しくわかる、わかるは楽しい。

コメント

免責事項 当サイトは管理人による個人サイトであり、利用者に対して個々の状況に応じた専門的アドバイスを提供するものではありません(具体的なご相談は、各種専門家にお問い合わせください)。従って、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、当サイトの内容は管理人の個人的な見解であり、CPA会計学院の公式見解ではないことをお断り申し上げます。
タイトルとURLをコピーしました