その他有価証券から評価損が生じた場合に繰延税金資産が計上される理由

その他有価証券から評価損が生じた場合に、なぜ繰延税金資産が計上されるんですか?

他の繰延税金資産と同様です。つまり、税金を減額させる効果があるからです。

目次

解説

具体例
  • その他有価証券の取得原価:400
  • その他有価証券の期末時価:300
  • 法定実効税率:30%
  • 会計処理は全部純資産直入法による

値下がりが100生じているケースです。

決算整理仕訳は次のようになり、繰延税金資産が30計上されます

借方科目金額貸方科目金額
繰延税金資産30その他有価証券100
その他有価証券評価差額金70

上記のとおり、全部純資産直入法の評価損の場合、繰延税金資産(DTA)が計上されます

ノボット

以下、繰延税金資産をDTAとします

このDTAの意味合いは他のDTAと同じです。

つまり、将来の税金を減額させる効果が30あることを意味しています

 ▼

次の具体例(さっきの続き)をみて下さい。

具体例(さっきの続き)
  • その他有価証券を翌期首に300で売却し、売却損が100生じた
  • 他の取引から、利益が500生じているものとする

①その他有価証券を売却した場合の税金

税金:(500−100)×30%=120

このとおり、法人税等の税金は120になります。

では、もしその他有価証券を売却していなかったら(売却損がなかったら)、税金はどうなっていたでしょうか?

②その他有価証券を売却していなかったら

税金:500×30%=150

法人税等の税金は150になります。

 ▼

①と②の税金を比較すると、売却することで税金が30減額されることがわかります。

税金が減額された要因は、その他有価証券の売却損100です。

つまり、その他有価証券が値下がりした場合、将来それを売却することで「値下がり額×税率」だけ税金を軽減する効果があるのです。

借方科目金額貸方科目金額
繰延税金資産30その他有価証券100
その他有価証券評価差額金70

その他有価証券の値下がりに税金軽減効果があるので、他の差異と同様にDTAを計上することになるのです。

つまり、他のDTAの計上理由と何ら変わらないのです。

あわせて読みたい
その他有価証券の税効果を図解で直感的に理解する! 税効果会計って難しいですよね。 そんな税効果会計の中でも、特に理解しづらいのが、日商簿記2級の試験範囲でもあるその他有価証券評価差額金に対する税効果だと思いま...

おまけ

おじさん(先生)

この記事はわかりやすかったかの?

ボブ(勉強中)

うん!もっと会計のこと学んでみたいな!

おじさん(先生)

それなら、会計ノーツの公式本がおすすめじゃ。
その名も「世界一やさしい会計の教科書」じゃ!

ボブ(勉強中)

世界一やさしい会計の教科書…

会計ノーツの公式本

会計ノーツの管理人である登川が、会計を勉強する全ての方に向けて、

  • 考え方からちゃんと説明すること
  • わかりやすく丁寧に解説すること

を心がけて、書きました。

読み終えた頃には、「よくわかって、楽しかった!」と思えるはず! 

財務3表はもちろん、簿記・仕訳、収益認識、のれん、繰延税金資産などの会計用語、会計理論、財務分析など、財務会計の一通りについて、わかりやすく、丁寧に解説します。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学(在学中に公認会計士試験合格)→監査法人トーマツ→CPA

コメント

コメントする

目次
閉じる