会計ノーツの公式Twitterはこちら

【キャッシュ・フロー見積法】なぜ、当初の利子率で割り引くのか?

プロフィール

登川 雄太(nobocpa

CPA会計学院 公認会計士講座 講師

貸倒懸念債権のキャッシュ・フロー見積法では、なぜ当初の利子率で割り引くのですか?

 

当初の見積りからの減損額を算定することを目的としているからです。
解説
これ以降、キャッシュ・フロー見積法を「CF見積法」と表現します。

当初の利子率を使用する理由は、金融商品会計に関する実務指針の299項に記述されています。

債権の取得価額のうち当初の見積キャッシュ・フローからの減損額を算定することを目的として行われるから

ポイントは「当初の」という部分です。

今回は下記の数値例を前提に説明をしていきます。

具体例CF見積法の基本例題

  • A社に1000の貸付を行っている。利率は10%、返済期日は翌期末である。
  • 当期末にA社の財政状態が悪化したため、利率を6%に引き下げた。
  • 貸倒懸念債権に該当するため、貸倒引当金はCF見積法により算定する。

貸倒引当金の金額は36(=1000−現在価値964)

キャッシュフロー見積法の例題の解説

そもそも「当初の利子率」とは「貸付時に決めた利率」のことなので、貸付時の当社をイメージしてみましょう。

当社:「A社に貸すなら、利息は15%では多すぎる、6%では少なすぎる…うーん10%が適正だ」

このように、「A社に対して貸し付けるなら何%が適正なのか」を見積もって利率は決定します。

しかし、今回はA社の財政状態の悪化により利率の引き下げをすることになりました。

この結果、将来A社から受け取れる額(将来CF)は1100から1060へ減額することになります。

この利息を減免した後の将来CF1060を「当初」の視点で考えます。

「当初」からすればA社に対する貸し付けは10%が適正な利率(本記事ではこれを本来の利率と表現します)です。
しかし、将来CFは1060になりました。

  • 本来の利率は10%
  • 将来CFは1060

この2つから次のことがいえます。

  • 本来964だけ貸せば1060得られたはずなのに、
  • 1060得るために1000も貸し付けてしまった。
キャッシュフロー見積法で当初の利率を使う理由の解説

1060のCFを獲得するだけならば、本来は964貸し付ければ良かったのです。

しかし結果的にみれば、1060のCFを獲得するために1000も貸し付けを行ってしまいました。

であるなら、余計に貸し付けている36が、損した金額となります。

キャッシュフロー見積法で当初の利率を使う理由の解説

このように、CF見積法は
「利息減免後の将来CFを獲得するだけなら、本来いくらの貸付で済んだのか?」
という視点にもとづき、
余計に貸し付けてしまった金額を貸倒引当金として、当期に損失計上する方法なのです。

まとめると、

CF見積法では、

  1. 利息減免後の将来CFを獲得するための「本来の貸付額」を求め、
  2. 「実際の貸付額」と「本来の貸付額」との差額を、損失として計上する。

そして、1の「本来の貸付額」は 「当初の見積(10%の利回り)」にもとづき計算するのです。

キャッシュフロー見積法で当初の利率を使う理由のまとめ

よって、将来CFから「本来の貸付額」を求めるために「当初の利率で割り引く」というわけです。

このノーツを書いた人
登川 雄太

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学(在学中に公認会計士試験合格)→監査法人トーマツ→CPA

\更新情報を受け取る/

P.S.
最後までお読み頂きありがとうございます!
この下にコメント欄がありますので、ぜひお気軽に感想や質問ください(n^o^)b

簿記3級を無料で勉強するならこちら!

資料請求をして頂くと、ご自宅で、無料で、簿記3級の内容がWEB受講できるようになります。テキスト・問題集もついてきます。教材はご自宅に無料発送しています。

理解重視のCPA会計学院の講義をぜひ受けてみてください!

関連コンテンツ
貸倒引当金
\感想待ってます/
会計ノーツ|楽しくわかる、わかるは楽しい。

コメント

  1. にくにもの より:

    とても分かりやすかったです!ありがとうございました。

    • 登川 雄太 登川 雄太 より:

      こちらこそコメントありがとうございます!
      お役に立てて、よかったです。

      • にくにもの より:

        ご返信頂けて光栄です。
        4月から来年の税理士試験に向けて簿記論財務諸表論の勉強を始めた所でして、とても参考になる解説で助かりました。 

免責事項 当サイトは管理人による個人サイトであり、利用者に対して個々の状況に応じた専門的アドバイスを提供するものではありません(具体的なご相談は、各種専門家にお問い合わせください)。従って、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、当サイトの内容は管理人の個人的な見解であり、CPA会計学院の公式見解ではないことをお断り申し上げます。
タイトルとURLをコピーしました