「#会計ノーツ」で感想をツイートしよう

金利スワップとヘッジ会計を理解する②(公正価値ヘッジ)

デリバティブ

下記の記事で金利スワップに関するキャッシュ・フローヘッジについて解説をしました。

金利スワップとヘッジ会計を理解する①(キャッシュフローヘッジ)
金利スワップとヘッジ取引・ヘッジ会計について図解を用いてわかりやすく解説をします。複雑な金利スワップもこの記事を読めばシンプルに理解ができるはずです。

内容は、金利スワップを用いて変動金利を固定に変えてヘッジするというものでした。

今回はその逆バージョンになります。すなわち、固定金利の借入金を変動金利に変えるというスワップについて図解を用いてわかりやすく解説をします。

直感的なイメージとは反しますが、この固定を変動にかえるスワップもヘッジ取引になります。

スポンサーリンク

固定金利のリスク

スワップによるヘッジの説明の前に「固定金利の借入金が抱えているリスク」について説明をします。

具体例

①借入時
当社は金利5%(固定金利)で長期の借り入れを行った。
借入時の市場の変動金利も5%であった。

②1年後
ケース1:1年後の市場の変動金利は8%(金利が上昇)
ケース2:1年後の市場の変動金利は2%(金利が下落)

さて、この固定金利5%の借入金は1年後にどうなるでしょう?

ケース1:変動金利が上昇した場合

固定金利5%の借入れは、相対的に有利な借入金となる

上昇した3%分だけ、固定金利の借入れは有利な契約になったと捉えることができます。

なぜなら、もしいま新規で借り入れを行った場合には8%の金利を払わなければいけないところ、1年前に5%の固定金利で借り入れているので、結果的に3%得をしていると考えられるからです。

ケース2:変動金利が下落した場合

固定金利5%の借入れは、相対的に不利な借入金となる

下落した3%分だけ、固定金利の借入れは不利な契約になったと捉えることができます。

なぜなら、もしいま新規で借り入れを行った場合には2%の金利で済むところ、1年前に5%の固定金利で借り入れているので、結果的に3%分損をしているのです。

固定金利の借入金は、変動金利が上がれば得をして、下がれば損をするということなんだね。
そうじゃ。変動金利が上下することで、固定金利の借入金の価値も上下してしまうのじゃ。これが固定金利のリスクじゃ。

金利スワップによる公正価値ヘッジ

固定金利のリスクはイメージできたでしょうか?

このリスクをヘッジするのが冒頭の金利スワップです。

この通り、変動受取、固定支払のスワップをすることで、固定金利を変動金利に変えることができます。

その結果、市場の変動金利が上下してもその分当社の払う金利も上下するので、先程のリスクをヘッジすることができました。

よって固定金利を変動金利に変えるのもヘッジ取引となるのです。

借入金の価値が上下するリスクをヘッジするから、公正価値ヘッジなんだね

まとめ

最後に本記事の内容をまとめておきます。

まとめ公正価値ヘッジ
固定金利の借入金:変動金利が上下することで、借入金の価値が上下するリスクを抱えている
→公正価値ヘッジを行う

変動金利の借入金:変動金利が上下することで、支払う金利が上下するリスクを抱えている
→CFヘッジを行う

価値変動リスクとキャッシュフロー変動リスクの2つはちょうど真逆の概念なのじゃ。だから、この2つを同時にヘッジすることはできないぞ。

なお、会計処理はキャッシュ・フローヘッジと同様に繰延ヘッジまたは特例処理となります。

\こちらもチェック!!/
金利スワップとヘッジ会計を理解する①(キャッシュフローヘッジ)
金利スワップとヘッジ取引・ヘッジ会計について図解を用いてわかりやすく解説をします。複雑な金利スワップもこの記事を読めばシンプルに理解ができるはずです。

仕訳自体はこの記事で詳しく解説をしているのでどうぞ参考にしてください。

この投稿は役に立ちましたか?
役に立った(3人が役に立ったと言っています。)

感想をツイートして頂けると嬉しいです。
専用ハッシュタグ→「#会計ノーツ」
スポンサーリンク
デリバティブ 論点解説
\#会計ノーツで感想をツイートしよう/
会計ノーツ 編集長
nobo

会計ノーツ編集長のnoboです。普段はCPA会計学院で公認会計士講座の講師をしながら、会計の教え方を日々研究しています。
公認会計士試験、日商簿記1級に合格済みです。

\更新情報を受け取る/
会計ノーツ|楽しくわかる、わかるは楽しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました