「#会計ノーツ」で感想をツイートしよう

収益認識を解く #2 |オリジナル問題

収益認識
基礎データ
分野:収益認識
論点:本人・代理人
過去問:−(オリジナル問題)
ランク:重要性A 難易度A
本人と代理人の区分の会計処理を理解する!(新収益認識に関する会計基準の解説)
収益認識基準のわかりやすい解説シリーズ - 本人・代理人の考え方について図解を交えながらわかりやすく説明をします。(書いた人:CPA公認会計士講座 専任講師 登川雄太)
スポンサーリンク

問題

当社はa製品及びb製品を1個ずつ販売した。当社の収益はいくらか?

1.小売業を営む当社はA社から仕入れたa製品を@500円、B社から仕入れたb製品を@800円で販売している。なお、販売代金は当社が回収している。

2.a製品の販売価格はA社が決定しており当社にその裁量権はない。ただしa製品が売れ残った場合にはA社に返品することができる。a製品の販売代金のうち80%を当社はA社に支払う契約となっている。

3.b製品の販売価格の決定は当社に裁量権があり、売れ残りを理由にB社に返品することはできない。当社はB社からb製品を@500円で仕入れている。

解答解説


●解答
900円

●解説
1.考え方
a製品:当社に価格設定の裁量権はない。また、返品できるため在庫リスクもない。よって、当社は代理人に該当するため、収益は純額で計上する。

b製品:当社に価格設定の裁量権がある。また、返品できないため在庫リスクがある。よって、当社は本人に該当するため、収益は総額で計上する。

2.解法
a製品500×20%+b製品800=900

一言アドバイス

代理人なら収益は純額、本人なら収益は総額という点及びどのような場合に代理人に該当するかをおさえましょう。

収益認識まとめ

この投稿は役に立ちましたか?
役に立った(1人が役に立ったと言っています。)

感想をツイートして頂けると嬉しいです。
専用ハッシュタグ→「#会計ノーツ」
スポンサーリンク
収益認識 論点解説
\#会計ノーツで感想をツイートしよう/
会計ノーツ 編集長
nobo

会計ノーツ編集長のnoboです。普段はCPA会計学院で公認会計士講座の講師をしながら、会計の教え方を日々研究しています。
公認会計士試験、日商簿記1級に合格済みです。

\更新情報を受け取る/
会計ノーツ|楽しくわかる、わかるは楽しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました