会計ノーツの公式Twitterはこちら

収益認識を解く #2 |オリジナル問題

n

登川 雄太(nobocpa

CPA会計学院 公認会計士講座 講師

基礎データ
分野:収益認識
論点:本人・代理人
過去問:−(オリジナル問題)
ランク:重要性A 難易度A
本人と代理人の区分の会計処理を理解する!(新収益認識に関する会計基準の解説)
収益認識基準のわかりやすい解説シリーズ - 本人・代理人の考え方について図解を交えながらわかりやすく説明をします。(書いた人:CPA公認会計士講座 専任講師 登川雄太)

問題

当社はa製品及びb製品を1個ずつ販売した。当社の収益はいくらか?

  1. 小売業を営む当社はA社から仕入れたa製品を@500円、B社から仕入れたb製品を@800円で販売している。なお、販売代金は当社が回収している。
  2. a製品の販売価格はA社が決定しており当社にその裁量権はない。ただしa製品が売れ残った場合にはA社に返品することができる。a製品の販売代金のうち80%を当社はA社に支払う契約となっている。
  3. b製品の販売価格の決定は当社に裁量権があり、売れ残りを理由にB社に返品することはできない。当社はB社からb製品を@500円で仕入れている。

解答解説


●解答
900円

●解説
1.考え方
a製品:当社に価格設定の裁量権はない。また、返品できるため在庫リスクもない。よって、当社は代理人に該当するため、収益は純額で計上する。

b製品:当社に価格設定の裁量権がある。また、返品できないため在庫リスクがある。よって、当社は本人に該当するため、収益は総額で計上する。

2.解法
a製品500×20%+b製品800=900

一言アドバイス

代理人なら収益は純額、本人なら収益は総額という点及びどのような場合に代理人に該当するかをおさえましょう。

収益認識まとめ

コメント

免責事項 当サイトは管理人による個人サイトであり、利用者に対して個々の状況に応じた専門的アドバイスを提供するものではありません(具体的なご相談は、各種専門家にお問い合わせください)。従って、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、当サイトの内容は管理人の個人的な見解であり、CPA会計学院の公式見解ではないことをお断り申し上げます。
タイトルとURLをコピーしました