収益認識を解く #1 |オリジナル問題

基礎データ
分野:収益認識
論点:ポイント制度(カスタマーロイヤリティポイントプログラム)
過去問:−(オリジナル問題)
ランク:重要性A 難易度A

あわせて読みたい
ポイントに関する会計処理を理解する!(新収益認識に関する会計基準の解説) 自分たちの周りにはポイントが溢れています。Tポイント、ポンタポイント、amazonポイント等、名前にポイントとつくものから、マイレージや近所のパン屋さんでのスタン...
目次

問題

商品販売時の収益認識額はいくらか?

1.当社は下記のポイントプログラムを顧客に提供している。
・商品代金 1,000 円毎に 10 ptを付与する。
・顧客は1pt=1円として当社の商品購入代金に充てる事ができる。
・ポイントは顧客にとって重要な権利である。

2.当社は付与したポイントの 90%が使用されると見込んでおり,1pt当たりの独立販売価格は 0.9円と見積もった。

3.当社は50,000円の商品を販売し、商品の引き渡し及び500ptの付与を行った。

解答解説


●解答
49,554円

●解説
1.考え方
取引価格50,000円を独立販売価格の比率に基づき、商品とポイントに配分する。
2.解法
・ポイントの独立販売価格:500pt×0.9=450
・独立販売価格合計:商品50,000+ポイント450=50,450
・商品への配分額:取引価格50,000×商品価格50,000/50,450=49,554
・ポイントへの配分額:取引価格50,000×ポイント価格450/50,450=446

商品の49,554は履行義務を充足し、ポイント446は履行義務を充足していない。よって、商品販売時の収益は49,554となる。

一言アドバイス

付与したポイントは別個の履行義務として認識するため、取引価格を商品とポイントに配分する点がPoint。また、本問と合わせて、ポイントが使用されたときの収益認識額の算定方法も確認してほしい。

\ 過去問カード /

収益認識まとめ

おまけ

おじさん(先生)

この記事はわかりやすかったかの?

ボブ(勉強中)

うん!もっと会計のこと学んでみたいな!

おじさん(先生)

それなら、会計ノーツの公式本がおすすめじゃ。
その名も「世界一やさしい会計の教科書」じゃ!

会計ノーツの公式本

会計ノーツの管理人である登川が、会計を勉強する全ての方に向けて、

  • 考え方からちゃんと説明すること
  • わかりやすく丁寧に解説すること

を心がけて、書きました。

読み終えた頃には、「よくわかって、楽しかった!」と思えるはず! 

財務3表はもちろん、簿記・仕訳、収益認識、のれん、繰延税金資産などの会計用語、会計理論、財務分析など、財務会計の一通りについて、わかりやすく、丁寧に解説します。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次