質問箱を設置しました!

収益認識を解く #1 |オリジナル問題

収益認識
基礎データ
分野:収益認識
論点:ポイント制度(カスタマーロイヤリティポイントプログラム)
過去問:−(オリジナル問題)
ランク:重要性A 難易度A
ポイントに関する会計処理を理解する!(新収益認識に関する会計基準の解説)
収益認識基準のわかりやすい解説シリーズ - 商品を販売しポイントを付与した場合の会計処理について図解を交えながらわかりやすく説明をします。(書いた人:CPA公認会計士講座 専任講師 登川雄太)

問題

商品販売時の収益認識額はいくらか?

1.当社は下記のポイントプログラムを顧客に提供している。
・商品代金 1,000 円毎に 10 ptを付与する。
・顧客は1pt=1円として当社の商品購入代金に充てる事ができる。
・ポイントは顧客にとって重要な権利である。

2.当社は付与したポイントの 90%が使用されると見込んでおり,1pt当たりの独立販売価格は 0.9円と見積もった。

3.当社は50,000円の商品を販売し、商品の引き渡し及び500ptの付与を行った。

解答解説


●解答
49,554円

●解説
1.考え方
取引価格50,000円を独立販売価格の比率に基づき、商品とポイントに配分する。
2.解法
・ポイントの独立販売価格:500pt×0.9=450
・独立販売価格合計:商品50,000+ポイント450=50,450
・商品への配分額:取引価格50,000×商品価格50,000/50,450=49,554
・ポイントへの配分額:取引価格50,000×ポイント価格450/50,450=446

商品の49,554は履行義務を充足し、ポイント446は履行義務を充足していない。よって、商品販売時の収益は49,554となる。

スポンサーリンク

一言アドバイス

付与したポイントは別個の履行義務として認識するため、取引価格を商品とポイントに配分する点がPoint。また、本問と合わせて、ポイントが使用されたときの収益認識額の算定方法も確認してほしい。

 

\ 過去問カード /

収益認識まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
収益認識 論点解説
\#会計ノーツで感想をツイートしよう/
このノーツを書いた人
nobo

会計ノーツ編集長のnoboです。
普段はCPA会計学院で公認会計士講座の講師をしながら、会計の教え方を日々研究しています。
公認会計士試験、日商簿記1級に合格済みです。

\更新情報を受け取る/
会計ノーツ|楽しくわかる、わかるは楽しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました