【祝増刷】『いちばんわかる 日商簿記3級の教科書』が増刷されました

2020年10月に発売した「いちばんわかる 日商簿記3級の教科書」ですが、発売から3ヶ月で増刷されました!

初版は5000部だったのですが、出版社的にも予想以上の売れ行きだったようで、1万部の増刷となりました(歓喜)。

本書はCPAラーニング内でPDFを無料公開(しかもダウンロードもできる!)してますが、こんなにも多くの方にご購入頂きびっくりです。

また、「わかりやすかった」「簿記3級合格しました!」との感想も多く頂き、とても嬉しかったです。

 ▼

今回の増刷にあたり、以下の点を修正しています。

なお、実質的に内容は初版と変わりませんので、初版を購入頂いた方も買い直す必要はありませんのでご安心ください。

変更点

  • ネット試験の説明追加
  • 試算表作成問題の、検定試験の位置づけの変更
  • 軽微な表現の修正

この中で勉強に影響するのは、「試算表作成問題の検定試験の位置づけの変更」かなと思います。

本書でいう第16章の内容です。

従来の試験では、第3問で「試算表の作成問題」が毎回のように出題されていました。

しかし、ネット試験の導入により試算表の作成問題は出題されなくなりました(正確には、「出題される可能性がかなり低くなった」です)。

従来は対策必須だったものが、対策不要になったのです。

そのため、その旨を記載しました。

なお、2021年2月28日に実施される第157回試験は従来の試験形式での実施なので、試算表の問題は出題されますのでご注意ください。

 ▼

ちなみに、僕は3級のネット試験を既に3回受験してますが、やはり試算表の問題は出題されていません。

この傾向が今後も続くようなら(たぶん、続くと思いますが)、第3版では試算表問題の解説自体を教科書から削除しようと思っています。

もちろん、次の増刷が決まればの話ですが笑

では〜!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学(在学中に公認会計士試験合格)→監査法人トーマツ→CPA

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる