会計ノーツの公式Twitterはこちら

実現主義を理解する!(ヤバい会計学#4)

プロフィール

登川 雄太(nobocpa

CPA会計学院 公認会計士講座 講師

ヤバい会計学とは

ヤバい会計学は、 日商簿記検定受験生向けの会計学。
簿記の学習をするうえで、知っておくべき会計理論をかみ砕いてわかりやすく解説します。

ボブといっしょに勉強しましょう!

ヤバい会計学
「ヤバい会計学」の記事一覧です。
がんばろう!

今回学ぶこと

今回は実現主義について学んでいきます!

実現主義?

前回のヤバい会計学で発生主義会計を学習しました。

今回学習する実現主義は、発生主義会計の続きの内容となっています。

具体的には、収益を"いつ"認識するかというお話です。

同じようなことを発生主義会計でも勉強したな

今回のヤバい会計学で実現主義の考え方をおさえましょう!

実現主義って?

実現主義とは、商品の販売時に収益を認識する方法のこと
ん?発生主義会計なんだから発生時点じゃないの?前回、そう習った気がするけど

実は、前回の講義ですべてを説明できたわけではないのです。

発生主義会計における収益・費用の認識時点は次のようになっています。

発生主義会計と実現主義の関係
あれ!収益の認識は「実現時点」なんだ!?

そうなんです。

発生主義会計は、

  • 収益は実現時点で認識
  • 費用は発生時点で認識

する方法です。

発生主義会計だからといって、収益も発生時点で認識するわけではないのです。

ややこしいなあ…で、「実現時点」っていつなの?

一言でいうと、商品を販売した時点です。

実現主義は、商品を販売した時点で収益を認識する方法

販売した時が収益の認識時点なので「販売基準」ともいいます。

なるほど。まあ特に難しいことはないな

ただ、1つ知っておく必要のあることがあります。

それは実現の2要件です。

実現の2要件

実現時点=販売したとき

と言いましたが、では、販売時点はいつなのでしょうか?

それは次の2要件を満たしたときとされています。

  1. 商品を相手に渡した(またはサービスを提供した)
  2. 現金や売掛金などを受け取った

「実現の2要件を満たした=販売できた」となっています。

①商品を相手に渡して、②対価をもらったときが販売時点なんだね。イメージ通りだ

そうですね。
実現の2要件と聞くと、難しく感じますが、2要件の中身自体は特に難しいものではありません

でも、なんで収益は発生時点で認識しないの?

実現主義じゃないとヤバい

発生時点で収益を認識するとヤバいことが起きるからです。

ここからヤバい会計学の真骨頂だね
収益を発生時点で認識すると

社長:中学生くらいの頃、日光に修学旅行行って、お土産で木刀買ったりしたよなあ

部長:わたくしも買った覚えありますよ。こっちでは売ってないので、ついつい買っちゃうんですよね。

社長:みんな同じだな笑…ん!名案を思いついたぞ!

部長:どうされました?

社長:日光のお土産屋さんから木刀を仕入れて、こっちで売るんじゃ!日光でしか買えないモノをこっちで売れば大儲けじゃ!

部長:なるほど、それは名案ですね。仕入値は1本500円ですが、売値はどうしましょうか?

社長:「日光に行かないと買えないモノがこっちで買える」そこに当社の木刀の価値があるから、多少高くても買ってくれるじゃろ。強気の5000円でいこう!

部長:かしこまりました!ではすぐに日光へ行って木刀を調達してきます!

社長:まずは1000本買ってくるんじゃ!

(数日後)

部長:1000本買ってきました!

社長:よくやった!完売すれば5百万円の売上じゃな。フフフッ

部長:1000本もの木刀を持って帰ってくるのが大変でしたよ。新幹線ではみんなから白い目で見られました…

社長:ご苦労だった。だが、そこに当社の木刀の価値があるんじゃ・・・まてよ・・・

部長:どうしました?

社長:こういうことが言えるんじゃあないか?(書き書き...)

部長:なるほど。確かに売上500万円の源泉は「日光からこっちに運ぶ」という点にありますね…ということは…

社長:こっちに運んでくるだけで、付加価値が上がってる!つまり、もうすでに収益は発生してるんじゃ!!さっそく売上の計上じゃ!!

部長:なるほど!大変さを考慮すると、全体の9割は発生してるといえそうですね。売上を450万円計上しておきます!!

(数日後)

部長:社長…木刀が全く売れません…ッ!このままじゃ1円も回収できなさそうです

社長:何を言っておる、大丈夫じゃ。なんせ、もう売上を450万円も計上したからの!!ワハハ!

これはヤバい…

売上を発生時点で認識すると、売れる前に収益を計上することになります。

今回は、売れる前に450万円もの収益を計上しちゃっています。
しかし蓋を開けてみたら全く売れず、本来の売上はゼロでした。

このように、発生時点で収益を認識してしまうと、テキトーな収益計上になってしまうのです。

テキトーな収益を計上しないために、、、

収益は発生時点ではなく販売時点で認識するんだ!

そのとおりです。

販売した時に収益を認識することで、テキトーではない、ちゃんとした収益を計上できるのです。
(上記の例では、もし木刀を売ることができれば500万円の収益計上できますが、難しそうですね。)

実現主義の使い方①

実現主義を知ると、前受金と売掛金の仕訳を自信もって行うことができるようになります。

具体例前受金と売掛金

  • 当社はA社から商品100円の注文を受け、手付金として現金100円を受け取った。
  • 当社はB社から商品200円の注文を受けたので、B社へ商品を引き渡し、代金は掛けとした。

当期の売上はいくら?

えーっと、A社の100円はもう現金もらってて、B社の200円は代金もらってないから、、、100円だ!

残念!外れ!

答えは200円です。

これは実現の2要件に当てはめてみればわかります。

2要件は、①商品を渡すこと、②代金を受け取ること、だったね。
A社

  • 商品を渡していない→①の要件は×
  • 現金を受け取った→②の要件は○

よって、2要件を満たしていないので収益認識しない。

そっか!現金もらってても、商品を渡してなければ収益計上しないんだ

ちなみに仕訳はこうなります。

借 方 金額 貸 方 金額
現金 100 前受金 100
B社

  • 商品を渡した→①の要件は○
  • 掛けで売った→②の要件は○

よって、2要件を満たすので収益認識する。

あれ、代金もらってないけど…?

受け取る対価は現金に限りません。
売掛金といった債権でも②の要件を満たします。

そのため、掛け売上は収益計上します。

借 方 金額 貸 方 金額
売掛金 200 売 上 200
なるほど〜!前受金と売掛金でいつも迷ってたけど、もう迷わないぞ!

実現主義の使い方②

こっからは少し応用です。
(日商簿記検定2級の内容です)

実現主義を知ると、次の2点の理解も深まります。

  • 出荷基準、引渡基準、検収基準
  • 未実現利益

応用①:出荷基準、引渡基準、検収基準

商品の販売は、

  1. 商品を出荷する
  2. 相手に引き渡す(相手の手元に到着する)
  3. 相手が中身を確認する(検収する

という過程を経て成立します。

では、販売時点はいつと考えるべきでしょうか?

それは、なるべく遅い方、つまり検収時が望ましいとされています。

販売基準は、収益認識をテキトーにさせないための方法です。

ここでいうテキトーというのは、販売が成立しないかもしれないのに収益を認識しちゃうということです。

例えば、遠隔地に商品を発送する場合は、運送事故や到着前にキャンセルされるといったリスクがあるので、出荷時点で収益認識は危ないと言えます。

応用②:未実現利益

実現していないのに収益を認識してしまうことがあります。

この事態が起きるのは、本支店会計連結会計です。

本店が支店に商品を売った(送付した)場合

本店的には実現してるけど、会社全体としては未実現

親会社が子会社に商品を売った場合

親会社的には実現してるけど、企業集団全体としては未実現

どちらにおいても、会社または企業集団全体からみれば未実現なので、そこから生じた利益は消去することになります。

最後にボブから一言

発生主義会計だからといって収益は発生時点で認識するわけじゃない!
実現主義とは、商品の販売時に収益を認識する方法のこと
今回習ったこと
\次はこちら!!/
費用収益対応の原則を理解する!(ヤバい会計学#5)
このノーツを書いた人
登川 雄太

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学(在学中に公認会計士試験合格)→監査法人トーマツ→CPA

\更新情報を受け取る/

P.S.
最後までお読み頂きありがとうございます!
この下にコメント欄がありますので、ぜひお気軽に感想や質問ください(n^o^)b

簿記3級を無料で勉強するならこちら!

資料請求をして頂くと、ご自宅で、無料で、簿記3級の内容がWEB受講できるようになります。テキスト・問題集もついてきます。教材はご自宅に無料発送しています。

理解重視のCPA会計学院の講義をぜひ受けてみてください!

関連コンテンツ
ヤバい会計学
\感想待ってます/
会計ノーツ|楽しくわかる、わかるは楽しい。

コメント

免責事項 当サイトは管理人による個人サイトであり、利用者に対して個々の状況に応じた専門的アドバイスを提供するものではありません(具体的なご相談は、各種専門家にお問い合わせください)。従って、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、当サイトの内容は管理人の個人的な見解であり、CPA会計学院の公式見解ではないことをお断り申し上げます。
タイトルとURLをコピーしました