会計ノーツの公式Twitterはこちら

『財政状態』-図解でざっくりわかる会計用語

プロフィール

登川 雄太(nobocpa

CPA会計学院 公認会計士講座 講師

財政状態ってなに?

 

「資金をどのように調達し、その資金をどのように運用しているか」という状況のこと。
この用語のポイント!
財政状態(ざいせいじょうたい)とは、、、

  • 貸借対照表の状態のこと
  • 資金の運用状況と、資金の調達状況のこと

ざっくり説明するよ

財務諸表の1つである、貸借対照表は財政状態を表す財務諸表です。

そのため、貸借対照表の状態=財政状態です。

貸借対照表=財政状態

具体的には、資金の運用状況資金の調達状況のことをいいます。

資金の運用と資金の調達

つまり、

  • 資金をどのように調達しているか(貸借対照表の貸方)
  • 調達した資金をどのように運用しているか(貸借対照表の借方)

この調達と運用の状態が財政状態ということですね

財政状態

おまけにもう1つ

財政状態で大事なポイントは、運用面(資産)だけでなく調達面(負債と資本)も含めた状態だということです。

「財産の状態」が財政状態と説明されることもありますが、これは語弊があるかなと思っています。

財産の状態だと、資産の状態だけってイメージだもんね
財政状態は貸借対照表の貸方も含んだ概念

ボブから最後に一言

財政状態は資金の調達と運用の状況のことで、貸借対照表が財政状態を表している!

コメント

免責事項 当サイトは管理人による個人サイトであり、利用者に対して個々の状況に応じた専門的アドバイスを提供するものではありません(具体的なご相談は、各種専門家にお問い合わせください)。従って、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、当サイトの内容は管理人の個人的な見解であり、CPA会計学院の公式見解ではないことをお断り申し上げます。
タイトルとURLをコピーしました