『財政状態』-図解でざっくりわかる会計用語

財政状態ってなに?

「資金をどのように調達し、その資金をどのように運用しているか」という状況のこと。

ボブ(勉強中)

この用語のポイント!

財政状態(ざいせいじょうたい)とは、、、

  • 貸借対照表の状態のこと
  • 資金の運用状況と、資金の調達状況のこと
目次

ざっくり説明するよ

財務諸表の1つである、貸借対照表は財政状態を表す財務諸表です。

そのため、貸借対照表の状態=財政状態です。

貸借対照表=財政状態

具体的には、資金の運用状況資金の調達状況のことをいいます。

資金の運用と資金の調達

つまり、

  • 資金をどのように調達しているか(貸借対照表の貸方)
  • 調達した資金をどのように運用しているか(貸借対照表の借方)

この調達と運用の状態が財政状態ということですね

財政状態

おまけにもう1つ

財政状態で大事なポイントは、運用面(資産)だけでなく調達面(負債と資本)も含めた状態だということです。

「財産の状態」が財政状態と説明されることもありますが、これは語弊があるかなと思っています。

ボブ(勉強中)

財産の状態だと、資産の状態だけってイメージだもんね

財政状態は貸借対照表の貸方も含んだ概念

ボブから最後に一言

ボブ(勉強中)

財政状態は資金の調達と運用の状況のことで、貸借対照表が財政状態を表している!

おまけ

おじさん(先生)

この記事はわかりやすかったかの?

ボブ(勉強中)

うん!もっと会計のこと学んでみたいな!

おじさん(先生)

それなら、会計ノーツの公式本がおすすめじゃ。
その名も「世界一やさしい会計の教科書」じゃ!

ボブ(勉強中)

世界一やさしい会計の教科書…

会計ノーツの公式本

会計ノーツの管理人である登川が、会計を勉強する全ての方に向けて、

  • 考え方からちゃんと説明すること
  • わかりやすく丁寧に解説すること

を心がけて、書きました。

読み終えた頃には、「よくわかって、楽しかった!」と思えるはず! 

財務3表はもちろん、簿記・仕訳、収益認識、のれん、繰延税金資産などの会計用語、会計理論、財務分析など、財務会計の一通りについて、わかりやすく、丁寧に解説します。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学(在学中に公認会計士試験合格)→監査法人トーマツ→CPA

コメント

コメントする

目次
閉じる