『経営成績』-図解でざっくりわかる会計用語

経営成績ってなに?

「どれくらい費用をかけて、どれくらい儲かったか?」ということ。

ボブ(勉強中)

まずはこの用語のポイントから!

経営成績(けいえいせいせき)とは、、、

  • どれくらい費用をかけて、どれくらい儲かったか?ということ
  • 損益計算書に書いてある
  • いわゆる会社の業績のこと
目次

ざっくり説明するよ

財務諸表の1つである、損益計算書は経営成績を表す財務諸表です。

そのため、損益計算書の状態=経営成績です。

損益計算書と経営成績

一言でいうと、経営成績は会社の業績のことです。

もう少しちゃんと言えば、

  • どれくらいの費用をかけて
  • どれくらいの収益を獲得し
  • その結果、いくら儲かったか?

が経営成績です。

経営成績
ボブ(勉強中)

会社を経営する目的は、利益をあげることだから、利益の額が経営成績と言われるんだね

そういうことです。
(ただ、実際の経営成績は単に利益の額だけでなく、色々な指標から判断することになります。)

おまけにもう1つ

ポイントは、経営成績は現金増減額のことではない、という点です。

例えば、次の取引では、現金は増加しても利益には含まれません。

  • 株主から現金を出資してもらった
  • 銀行からお金を借り入れた

逆に、次の取引では現金は増加しませんが、利益に含まれます。

  • 掛け(後払い)で商品を販売した

このため、現金が増加してもそれほど儲かってない(経営成績がよくない)こともあれば、現金は減少したのに儲かったということもあります。

よって、その会社の業績をちゃんと分析しようとするなら、利益の額と現金増減額の両方の側面から見ることが大事になります。
(ちなみに、現金増減額はキャッシュ・フロー計算書に書いてあります。)

損益計算書とキャッシュ・フロー計算書

ボブから最後に一言

ボブ(勉強中)

経営成績は業績のことで、損益計算書が経営成績を表している!

おまけ

おじさん(先生)

この記事はわかりやすかったかの?

ボブ(勉強中)

うん!もっと会計のこと学んでみたいな!

おじさん(先生)

それなら、会計ノーツの公式本がおすすめじゃ。
その名も「世界一やさしい会計の教科書」じゃ!

会計ノーツの公式本

会計ノーツの管理人である登川が、会計を勉強する全ての方に向けて、

  • 考え方からちゃんと説明すること
  • わかりやすく丁寧に解説すること

を心がけて、書きました。

読み終えた頃には、「よくわかって、楽しかった!」と思えるはず! 

財務3表はもちろん、簿記・仕訳、収益認識、のれん、繰延税金資産などの会計用語、会計理論、財務分析など、財務会計の一通りについて、わかりやすく、丁寧に解説します。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次