【連結会計】手形の割引を図解で理解する!借入金にするのはなぜ?

連結会社が振り出した手形を、割り引いた場合における連結上の処理について解説をします。

ボブ

簿記2級の試験範囲にもなってるよ!

目次

取引と結論の確認

取引

具体例
  • P社(親会社)はS社(子会社)から商品を仕入れ、約束手形100円を振り出した。
  • S社は上記の手形を銀行に割り引き、現金100円を受け取った(手形売却損は生じていないものとする)。

結論

連結修正仕訳と連結貸借対照表は次のようになります。

連結修正仕訳

借方科目金額貸方科目金額
支払手形100借入金100

連結貸借対照表

支払手形ではなく、借入金が100計上される。

\全体像の確認

手形の割引の連結修正(全体像)
ボブ

・・・なんで借入金なの?

おじさん

企業集団として考えると、この取引は手形の割引ではなく、手形による借り入れだからじゃ

借入金を計上する理由の前に…

理由の前に1点だけ、、、割引後の取引を確認しておきましょう。

S社が割り引いた手形は銀行が保有していますが、この手形は翌期にP社が支払うことになります。

割引手形の決済

連結上、借入金とする理由

では、借入金にする理由を解説していきます!

企業集団を1つの会社とみなして考えれば理解できます。

連結では、

  • 企業集団の取引(P社とS社の取引)はなかったことになる
  • 企業集団との取引(銀行との取引)は連結財務諸表に計上される

これを前提に、今回の取引を図にすると次のようになります。

手形の割引を連結からみたら
おじさん

連結からみたら、企業集団と銀行の取引になるんじゃな

ボブ

確かに①銀行からもらった100円は、②その後に返してるね。。。

P社とS社を一体として捉えると、

  1. まず、銀行からお金を借りて
  2. 後日、それを返す

という取引です。

つまり、銀行からお金を借りただけなのです。

さらにもっと言えば、手形を使った借り入れです。

ボブ

手形を使った借り入れ、、、あ!手形借入金だ!

おじさん

まさしくじゃ

連結から見た取引の実態は手形借入金なのです。

あわせて読みたい
手形借入金を理解する!支払手形勘定を使わないのはなぜ? 手形借入れを行った場合の勘定科目は、「手形借入金」または「借入金」です。 逆に「支払手形」は使いません。 手形貸付金も同様に、「受取手形」は使いません。 今回は...

そして、手形借入金の実態は、支払手形ではなく借入金でした

そのため、連結では借入金とするのです。

ボブ

なるほど!連結からみたら、商品仕入の債務(支払手形)ではなくて、借り入れによる債務(借入金)なんだね!!

おじさん

ボブ!そのとおりじゃ!

参考

手形売却損がある場合、手形売却損についても修正が必要です。

具体的には、「割引料の支払は、借り入れに伴う費用、つまり、銀行への利息の支払」と考え、
手形売却損を支払利息へ振り替えます。

(借)支払利息×× (貸)手形売却損××

最後に

今回の修正仕訳は、簿記2級の連結修正仕訳のなかでも、理解が難しい方だと思います。

ですが、連結目線で考えることができれば難しくはありません

今回の取引に限らず、連結から見たらどういう実態なのか?という視点は連結会計において非常に大切です。

手形の割引の修正だけでなく、連結目線で考えるという思考法も身につけるようにしましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学(在学中に公認会計士試験合格)→監査法人トーマツ→CPA

コメント

コメント一覧 (4件)

コメントする

目次
閉じる