【図解】当期純利益と、親会社株主に帰属する当期純利益の違いは?

連結損益計算書の「当期純利益」と「親会社株主に帰属する当期純利益」は何が違うのですか?

当期純利益とは、「企業集団の純利益」のこと。
親会社株主に帰属する当期純利益とは、「企業集団の純利益のうち、親会社株主に帰属する純利益」のこと。

解説

連結P/Lの当期純利益は、企業集団全体の当期純利益です。
企業集団全体の利益なので、基本的に、親会社と子会社の当期純利益の合計となります。

例えば、

  • 親会社(P社)の純利益:400
  • 子会社(S社)の純利益:100

の場合、連結P/Lの当期純利益は500になります。

連結損益計算書の当期純利益

対して、親会社株主に帰属する当期純利益は、この500のうち親会社株主に帰属する金額のことです。

例えば、P社のS社に対する持分比率が60%だった場合を考えてみます。

株主に注目すると、企業集団の株主には、P社株主と非支配株主の2種類の株主がいることがわかります。
(非支配株主とは、子会社の株主のうち、親会社以外の株主をいいます)

連結損益計算書の利益の帰属先

この場合の親会社株主に帰属する当期純利益は460になります。

計算過程は、400+100×60%=460となるのですが、下記の図でイメージした方がわかりやすいでしょう。

S社利益の100に注目すると、100が60と40に按分されています。


この結果、S社利益100のうち60がP社に帰属するため、
P社株主に帰属する額は400と60の合計の460になるのです。
(企業集団の利益500から親会社株主に帰属しない利益40を控除することでも、460を計算することができます。)

これが、親会社株主に帰属する当期純利益です。

まとめ

以上を踏まえて、最後に、連結損益計算書をみてみます。

連結損益計算書の末尾
  • 当期純利益:企業集団全体の純利益
  • 親会社株主に帰属する当期純利益:企業集団全体の純利益のうち、親会社株主に帰属する額

企業集団には、親会社株主と非支配株主の2種類の株主がいるため、企業集団全体の純利益だけでなく、株主別の純利益も表示するのです。

\さらに詳しく/

あわせて読みたい
【図解】連結会計の概要をゼロからわかりやすく解説 簿記2級の試験範囲にある連結会計ってなんだろう?連結会計はなんで必要なの?勉強したけどよくわかってない感じがする このような方を対象に、連結会計の入門としてゼ...

おまけ

おじさん(先生)

この記事はわかりやすかったかの?

ボブ(勉強中)

うん!もっと会計のこと学んでみたいな!

おじさん(先生)

それなら、会計ノーツの公式本がおすすめじゃ。
その名も「世界一やさしい会計の教科書」じゃ!

ボブ(勉強中)

世界一やさしい会計の教科書…

会計ノーツの公式本

会計ノーツの管理人である登川が、会計を勉強する全ての方に向けて、

  • 考え方からちゃんと説明すること
  • わかりやすく丁寧に解説すること

を心がけて、書きました。

読み終えた頃には、「よくわかって、楽しかった!」と思えるはず! 

財務3表はもちろん、簿記・仕訳、収益認識、のれん、繰延税金資産などの会計用語、会計理論、財務分析など、財務会計の一通りについて、わかりやすく、丁寧に解説します。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学(在学中に公認会計士試験合格)→監査法人トーマツ→CPA

コメント

コメント一覧 (12件)

  • わかりやすかったです!
    読みやすく、デザインがかわいいのも良かったです!

    • コメントありがとうございます!
      コメント気づかず返信遅れました💦

  • マックスバリュ西日本の20年2月期、営業利益2,742Mで、親会社株主、5,327Mの損失となってますが、こんなこともあるのですか?

    • 少し調べてみましたが、減損損失を計上したみたいですね。
      減損損失は特別損失であり、営業利益の下に計上されるので、
      減損損失の金額が大きければ、営業利益が黒字でも、純利益は赤字になるということが起き得ます。

  • 今まではなんとなくの知識でしたが、スッキリしました。
    とてもわかり易く、助かります。ありがとうございます。
    直ぐにブックマークしました!

  • 初めまして質問なのですが、例題と同様に60%支配で、
    親会社(P社)の純利益:-100
    子会社(S社)の純利益:100
    だった時に、
    『当期純利益:企業集団全体の純利益
    親会社株主に帰属する当期純利益:企業集団全体の純利益のうち、親会社株主に帰属する額』
    のように考えた場合、

    企業集団全体の純利益→ 0
    親会社株主に帰属する当期純利益:企業集団全体の純利益のうち、親会社株主に帰属する額→ 0
    非支配株主に帰属する額→ 0
    になるのでしょうか?

    それとも子会社の方で利益がでているので企業集団全体では利益がでていなくても
    企業集団全体の純利益→ 0
    親会社株主に帰属する当期純利益:企業集団全体の純利益のうち、親会社株主に帰属する額→ ー40(-100+100×60%)
    非支配株主に帰属する額→ 40(100×40%)
    になるのでしょうか?

nobo(登川雄太) へ返信する コメントをキャンセル