【完全無料】簿記3級独学の決定版★CPAラーニング

【リース資産の計上額】なぜ2つの金額を比較し、なぜ低い方を採用するの?

n

登川 雄太(nobocpa

CPA会計学院 公認会計士講座 講師

リース資産・リース債務の計上額は、なぜ「見積現金購入価額」と「リース料総額の割引現在価値」を比較して、低い方を採用するのですか?

 

2つの金額を比較するのは、資産と負債の両面から合理的な金額を見積もるため。低い方を採用するのは貸借対照表計上額を過大にしないため。
解説

ファイナンス・リース取引(以下、FL)において、貸手の購入価額がわからない場合はその金額を見積もらなければいけません

具体的には、

  1. 見積現金購入価額
  2. リース料総額の割引現在価値

これら2つの金額を比較し低い方を採用します。

2つの金額を比較するのは、資産と負債の両面から合理的な金額を見積もるためです。

資産と負債の両面?

FLではリース取引開始時にリース資産とリース債務を計上します。

借 方 金額 貸 方 金額
リース資産 ×× リース債務 ××

上記仕訳は

  1. 借方で「リース物件を購入した」ことを表現
  2. 貸方で「リース会社から借金した」ことを表現

しています。

そのため、

  1. リース物件を購入したらいくらかな?を考えるのが見積現金購入価額
  2. 借金したらいくらかな?を考えるのがリース料総額の割引現在価値

なのです。

比較している2つの金額は借方と貸方の見積金額なのじゃ
参考リース料総額の割引現在価値が借金の金額になるわけ

普通の借り入れを行った場合、支払うトータルの金額は、借入金と利息の合計となります。

借 方 金額 貸 方 金額
借入金 100 現金 110
支払利息 10

上記の仕訳で言うと、支払うトータルが110円で、そのうち10円が利息、100円が借入金元本です。

ここから、支払う金額から利息を抜けば元本になることがわかります。
(110円−10円=100円)

ここで、割引現在価値は将来の支払い額を割り引くことで算定されますが、その算定された金額は支払額から利息を抜いた金額になります。

そのため、リース料総額の割引現在価値が借入金の金額になるのです。

続いて、2つの金額のうち「低い方」を採用するのは、B/S計上額を過大にしないためであり、B/S面における保守的な処理といえます。

一般的に、

B/Sが大きい→運用している資産が大きい→より収益を生み出せる

となり、B/Sを大きくみせると、投資家に期待を持たせることになります。

リース資産・債務の計上額は見積額であるため、過度な期待を持たせないように低い方を採用するのです。

参考低い方を採用する理由のもう1つの側面

低い方を採用すると、結果的に、リース資産計上額は見積現金購入価額を超えることはありません

つまり、低い方を採用するのはリース資産の計上額は見積現金購入価額を限度とすると同義になります。

見積現金購入価額よりも高い金額で資産計上されるのはおかしいですよね。

よって、見積現金購入価額を超えないようにするために低い方を採用するともいえるのです。

リース会計 論点解説
\この記事をツイートする/
完全無料で簿記が勉強できるの知ってますか?

合格に必要なすべてが無料でご利用できます。手間もかからず、1分で学習開始が可能です。
気軽にどうぞ!

★出版のお知らせ★

P.S.
最後までお読み頂きありがとうございます!
この下にコメント欄がありますので、ぜひお気軽に感想や質問ください(n^o^)b

会計ノーツ|楽しくわかる、わかるは楽しい。

コメント

免責事項 当サイトは管理人による個人サイトであり、利用者に対して個々の状況に応じた専門的アドバイスを提供するものではありません(具体的なご相談は、各種専門家にお問い合わせください)。従って、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、当サイトの内容は管理人の個人的な見解であり、CPA会計学院の公式見解ではないことをお断り申し上げます。
タイトルとURLをコピーしました