【リース資産の計上額】なぜ2つの金額を比較し、なぜ低い方を採用するの?

リース資産・リース債務の計上額は、なぜ「見積現金購入価額」と「リース料総額の割引現在価値」を比較して、低い方を採用するのですか?

2つの金額を比較するのは、資産と負債の両面から合理的な金額を見積もるため。低い方を採用するのは貸借対照表計上額を過大にしないため。

目次

解説

ファイナンス・リース取引(以下、FL)において、貸手の購入価額がわからない場合はその金額を見積もらなければいけません

具体的には、

  1. 見積現金購入価額
  2. リース料総額の割引現在価値

これら2つの金額を比較し低い方を採用します。

2つの金額を比較するのは、資産と負債の両面から合理的な金額を見積もるためです。

ルーシー(勉強中)

資産と負債の両面?

FLではリース取引開始時にリース資産とリース債務を計上します。

借方科目金額貸方科目金額
リース資産××リース債務××

上記仕訳は

  1. 借方で「リース物件を購入した」ことを表現
  2. 貸方で「リース会社から借金した」ことを表現

しています。

そのため、

  1. リース物件を購入したらいくらかな?を考えるのが見積現金購入価額
  2. 借金したらいくらかな?を考えるのがリース料総額の割引現在価値

なのです。

おじさん(先生)

比較している2つの金額は借方と貸方の見積金額なのじゃ

参考

参考リース料総額の割引現在価値が借金の金額になるわけ

普通の借り入れを行った場合、支払うトータルの金額は、借入金と利息の合計となります。

借方科目金額貸方科目金額
借入金100現金110
支払利息10

上記の仕訳で言うと、支払うトータルが110円で、そのうち10円が利息、100円が借入金元本です。

ここから、支払う金額から利息を抜けば元本になることがわかります。
(110円−10円=100円)

ここで、割引現在価値は将来の支払い額を割り引くことで算定されますが、その算定された金額は支払額から利息を抜いた金額になります。

そのため、リース料総額の割引現在価値が借入金の金額になるのです。

 ▼

続いて、2つの金額のうち「低い方」を採用するのは、B/S計上額を過大にしないためであり、B/S面における保守的な処理といえます。

一般的に、

B/Sが大きい→運用している資産が大きい→より収益を生み出せる

となり、B/Sを大きくみせると、投資家に期待を持たせることになります。

リース資産・債務の計上額は見積額であるため、過度な期待を持たせないように低い方を採用するのです。

参考

低い方を採用する理由のもう1つの側面

低い方を採用すると、結果的に、リース資産計上額は見積現金購入価額を超えることはありません。

つまり、低い方を採用するのはリース資産の計上額は見積現金購入価額を限度とすると同義になります。

見積現金購入価額よりも高い金額で資産計上されるのはおかしいですよね。

よって、見積現金購入価額を超えないようにするために低い方を採用するともいえるのです。

おまけ

おじさん(先生)

この記事はわかりやすかったかの?

ボブ(勉強中)

うん!もっと会計のこと学んでみたいな!

おじさん(先生)

それなら、会計ノーツの公式本がおすすめじゃ。
その名も「世界一やさしい会計の教科書」じゃ!

ボブ(勉強中)

世界一やさしい会計の教科書…

会計ノーツの公式本

会計ノーツの管理人である登川が、会計を勉強する全ての方に向けて、

  • 考え方からちゃんと説明すること
  • わかりやすく丁寧に解説すること

を心がけて、書きました。

読み終えた頃には、「よくわかって、楽しかった!」と思えるはず! 

財務3表はもちろん、簿記・仕訳、収益認識、のれん、繰延税金資産などの会計用語、会計理論、財務分析など、財務会計の一通りについて、わかりやすく、丁寧に解説します。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学(在学中に公認会計士試験合格)→監査法人トーマツ→CPA

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 解説ありがとうございました。リース資産の取得原価の算定で不明な点があり、質問させていただきます。

    貸手の現金購入価額が借手において明らかな場合、なぜ所有権移転FLは貸手の現金購入価額をそのまま取得原価にするのに対し、所有権移転外FLは貸手の現金購入価額とリース料総額の割引現在価値を比較し低い額を取得原価とするのでしょうか。

    個人的には貸手の計算利子率の算定方法が移転FLと移転外FLで異なることと関係があるように考えているのですが…

コメントする

目次
閉じる