【完全無料】簿記3級独学の決定版★CPAラーニング

【固定資産の減損】使用価値と正味売却価額の高い方を回収可能価額とするのはなぜ?

n

登川 雄太(nobocpa

CPA会計学院 公認会計士講座 講師

固定資産に係る減損損失の測定において、使用価値と正味売却価額のうち、高い方を回収可能価額とするのはなぜですか?

 

会社は、お金がより増える方を選択するからです。
解説

例えば、

  • 帳簿価額100の建物

を保有しているとします。

このとき、減損損失の測定に当たって、

  • 使用価値が90
  • 正味売却価額70

である場合、

会社はこの建物を使用し続けるでしょうか?
それとも、売却するでしょうか?

売却してもお金は70しか増えないけど、使い続けたら90増える…なら、使い続けるわね

その通りです。

会社は、より有利な方(お金が増える方)を選択するはずです。

であるなら、減損損失も、より有利な方(お金が増える方)で計算すべきなのです。

使用価値と正味売却価額
そっか、使用し続けるのに、売却した場合の金額で計算して、「減損損失は30(100−70)」とするのは変ね

また、減損損失が適切に計算できるだけでなく、
貸借対照表計上額も適切になります

上記の例では、減損損失計上後の建物の金額は使用価値の90となり、
建物の価値をちゃんと表します。

「高い方を選ぶのは、資産の過大計上にならないのでしょうか?」

と質問を受けることがよくありますが、
過大計上にはなりません。

過大計上とは、適切ではない金額により資産が過大に計上されることです。
減損損失の測定で高い方を選ぶのは、適切な方を選んでいるので過大計上とはならないのです。

(この点はリース会計と考え方が異なるので注意しましょう。)

【リース資産の計上額】なぜ2つの金額を比較し、なぜ低い方を採用するの?
減損会計
\この記事をツイートする/
完全無料で簿記が勉強できるの知ってますか?

合格に必要なすべてが無料でご利用できます。手間もかからず、1分で学習開始が可能です。
気軽にどうぞ!

★出版のお知らせ★

P.S.
最後までお読み頂きありがとうございます!
この下にコメント欄がありますので、ぜひお気軽に感想や質問ください(n^o^)b

会計ノーツ|楽しくわかる、わかるは楽しい。

コメント

免責事項 当サイトは管理人による個人サイトであり、利用者に対して個々の状況に応じた専門的アドバイスを提供するものではありません(具体的なご相談は、各種専門家にお問い合わせください)。従って、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、当サイトの内容は管理人の個人的な見解であり、CPA会計学院の公式見解ではないことをお断り申し上げます。
タイトルとURLをコピーしました