自己金融効果を理解する!減価償却費を計上するとお金が増える?

減価償却の自己金融効果について、図解と具体例を交えて解説をします。

あわせて読みたい
【キャッシュ・フロー計算書】なぜ減価償却費を加算する? 間接法のキャッシュ・フロー計算書では減価償却費は「加算」すなわち「現金の増加」として扱います。 「減価償却費で現金が増える」というのは直感的にイメージできませ...
目次

自己金融効果とは?

減価償却の自己金融効果とは

減価償却をすると、実質的に外部から資金調達したのと同じ結果になる

ことを指します。

おじさん(先生)

「自己」とは「自分で(つまり、借り入れや増資のように外部からではなく)」という意味で、「金融」とは「資金調達」を意味しているんじゃ

ルーシー(勉強中)

一言でいうと、減価償却費を計上すると資金が溜まるってこと?

おじさん(先生)

そうじゃ

自己金融効果が簡単にわかる具体例

具体例
  • 当社の保有する資産は建物(取得原価30円)のみである
  • X0年度末の貸借対照表は以下のとおりである
自己金融効果の具体例
  • 減価償却費は毎期10円(耐用年数3年、残存価額ゼロ、定額法)
  • 収益(建物の家賃収入)が毎期50円ある
  • よって、毎期の利益は40(収益50−減価償却10)である

このような、建物だけのシンプルな具体例で考えていきます。

 ▼

では、さっそく3年後の貸借対照表をみてみましょう。

自己金融効果の具体例1

ここで注目してほしいのは、現金の増加額と利益の金額です。

自己金融効果の具体例2

利益が120に対して現金は150も増えています。

差額30の要因は減価償却費の30です。

なぜ、減価償却費の分だけズレるかというと、非現金支出費用だからです。

参考

非現金支出費用とは、減価償却費のように、仕訳において借方では費用が計上される一方で、貸方では現金の減少が起きない費用をいいます。

非現金支出費用がある場合、利益と現金増加額に着目すると、

非現金支出費用

非現金支出費用の分だけ、利益と現金増加額にはズレが生じることがわかります。

式で表現すると以下のようになります。

利益 + 減価償却費 = 現金増加額

この式のとおり、利益を基準としたときに、減価償却費の分だけ現金が増えます

これをもって減価償却費には自己金融効果があると言えるのです。

ルーシー(勉強中)

・・・

よりわかりやすく!

なんとなくわかったようで、わからないのが自己金融効果です。

よりイメージしやすいように、具体例に条件を付け加えてみます。

配当を考えるとイメージしやすい

さっきの具体例に以下の条件を付け加えましょう。

当社は利益の全額を配当している。

この場合の3年経過後の貸借対照表と株主の手元現金はこうなります。

自己金融効果の具体例

会社の現金に注目して下さい。

利益を全額配当したはずなのに、会社内に現金30が留保されています。

このB/Sを株主目線で考えてみると、

  • 3年間で120利益を稼いでいて、その全額を配当金としてもらった
  • でも、それに加えて、会社内に現金が30たまっている
  • ということは、資金調達を30したのと同じだ!

となります。

これが自己金融効果のイメージです。

ルーシー(勉強中)

確かに、資金調達したように思えるわ

取替更新の資金が留保されている

さらに会社内に留保された30に注目すると、この30は建物の取得原価と一致していることがわかります。

会社は、耐用年数到来時に建物を買い換えるはずです。

買い換えるためには、資金が必要ですが、自己金融効果によりその資金が溜まっているため、買い換えが可能となります。

ルーシー(勉強中)

例え、利益を全額配当したとしても、取替更新の資金は会社に残るってことね

最後に(自己金融効果は魔法ではない)

以上が、自己金融効果の説明です。

ここまでの説明では、「減価償却費を計上するとお金が増えて自動的にたまる」と解釈できるので、魔法のようにも思えます。

しかし、実際はそんなことありません。

上記の具体例では建物30を保有しているB/Sから始めました。

これを建物取得前から考えてみると、建物購入時に

借方科目金額貸方科目金額
建物30現金30

という仕訳を行っており、そもそも現金が30減少するところから始まることがわかります。

つまり、現金増加額は150ではなく、120(150−30)なのです。

よって、結局は、

減価償却費を考慮しても、利益の額と現金増加額は一致する

のです。

タイトルの、「減価償却費を計上するとお金が増える?」という問に対しては、

増えるように見えるが、実際に増えてるわけではない

が答えになります。

自己金融効果というのは、「減価償却費にはそういう一面もありますよ」という、あくまでも捉え方の1つとしてみるといいでしょう。

自己金融効果に対する理解が深まれば幸いです。

あわせて読みたい
【キャッシュ・フロー計算書】なぜ減価償却費を加算する? 間接法のキャッシュ・フロー計算書では減価償却費は「加算」すなわち「現金の増加」として扱います。 「減価償却費で現金が増える」というのは直感的にイメージできませ...

おまけ

おじさん(先生)

この記事はわかりやすかったかの?

ボブ(勉強中)

うん!もっと会計のこと学んでみたいな!

おじさん(先生)

それなら、会計ノーツの公式本がおすすめじゃ。
その名も「世界一やさしい会計の教科書」じゃ!

ボブ(勉強中)

世界一やさしい会計の教科書…

会計ノーツの公式本

会計ノーツの管理人である登川が、会計を勉強する全ての方に向けて、

  • 考え方からちゃんと説明すること
  • わかりやすく丁寧に解説すること

を心がけて、書きました。

読み終えた頃には、「よくわかって、楽しかった!」と思えるはず! 

財務3表はもちろん、簿記・仕訳、収益認識、のれん、繰延税金資産などの会計用語、会計理論、財務分析など、財務会計の一通りについて、わかりやすく、丁寧に解説します。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学(在学中に公認会計士試験合格)→監査法人トーマツ→CPA

コメント

コメントする

目次
閉じる