「#会計ノーツ」で感想をツイートしよう

資産負債の増減のプラスマイナスを構造的に理解する(キャッシュ・フロー計算書・間接法)

CF計算書

間接法のキャッシュフロー計算書で難しいのは、「資産が増加した場合にプラスするのかマイナスするのか?」という点だと思います。

色々な説明の仕方があるのですが、今回は貸借対照表の視点から構造的に理解できるように図解を交えてわかりやすく解説をします。

間接法によるキャッシュフロー計算書の考え方をわかりやすく解説
スポンサーリンク

解説

貸借対照表の前提

今回は理解のために貸借対照表を以下のように捉えます。

資産:「現金」と「営業資産※」
負債:「営業負債※」
資本:「利益」

※間接法は営業CFを求める方法であるため、「現金以外の資産」と「負債」はどちらも「営業に関連する資産・負債(例えば売掛金・買掛金)」に限定して考えます。

また、貸借対照表の基本的な構造として、「BSの貸借は一致する」というのもしっかり頭の中にいれておきましょう。

基本的な具体例

まずは基本形として、現金売上をしたケースを考えます。

借  方 金額 貸  方 金額
現金(営業CF) 100 売上(利益) 100

この場合のCF計算書は以下のようになります。

利益と現金増加額が一致しているため、調整は不要です。

CF100 = 利益100

これを貸借対照表視点で表現すると以下のようになります。

このように貸借対照表から見てみると、純資産の利益(利益剰余金)が増加した分だけ、現金が増加していることがわかります。また、その結果、貸借も一致しています。

今回はこのように、貸借対照表の視点で考えていくんじゃ

資産・負債の増減

資産の増加(マイナス調整)

資産増の典型例は、売掛金が増加する掛け売上です。

借  方 金額 貸  方 金額
現金(営業CF) 90 売上(利益) 100
売掛金(資産増) 10

これを貸借対照表で考えると↓

現金90を利益100から求める場合には、営業資産の増加額を引くことがわかります。

結論:資産の増加→マイナス調整
CF90 = 利益100 ー 営業資産増10

資産の減少(プラス調整)

売掛金を回収した場合が、資産減の典型例です。

借  方 金額 貸  方 金額
現金(営業CF) 110 売上(利益) 100
売掛金(資産減) 10

これを貸借対照表で考えると↓

現金110を利益100から求める場合には、営業資産の減少額を足すことがわかります。

結論:資産の減少→プラス調整
CF110 = 利益100 + 営業資産減10

負債の増加(プラス調整)

負債も同様に貸借対照表で考えればOKです。負債は貸方項目なので、負債が増えれば、借方の現金も増えることになります。

現金110を利益100から求める場合には、営業負債の増加額を足すことがわかります。

結論:負債の増加→プラス調整
CF-90 = 利益-100 + 営業負債増10

負債の減少(マイナス調整)

貸借対照表で考えると↓

現金90を利益100から求める場合には、営業負債の減少額を引くことがわかります。

結論:負債の減少→マイナス調整
CF-110 = 利益-100 − 営業負債減10

まとめ

貸借対照表を

このように「現金+営業資産=営業負債+利益」と捉えると、

現金=利益−営業資産+営業負債

となります。

こうすると、

・営業資産が増えた場合にはマイナス
・営業負債が増えた場合にはプラス

ということが理解しやすいと思います!

この投稿は役に立ちましたか?
役に立った(3人が役に立ったと言っています。)

感想をツイートして頂けると嬉しいです。
専用ハッシュタグ→「#会計ノーツ」
スポンサーリンク
CF計算書 論点解説
\#会計ノーツで感想をツイートしよう/
会計ノーツ 編集長
nobo

会計ノーツ編集長のnoboです。普段はCPA会計学院で公認会計士講座の講師をしながら、会計の教え方を日々研究しています。
公認会計士試験、日商簿記1級に合格済みです。

\更新情報を受け取る/
会計ノーツ|楽しくわかる、わかるは楽しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました