売価還元法の基本的な考え方を理解する!

こんにちは!

今回は売価還元法の基本的な考え方について解説します!

目次

売価還元法はなんの論点?

売価還元法は、商品の評価方法に関する論点です。

商品の評価方法には、先入先出法や平均法などありますが、そのうちの1つとして売価還元法があります。

どの方法を採用するかによって、期末商品の金額が変わるので、売価還元法は期末商品の算定方法と言えます。

ボブ(勉強中)

決算整理仕訳で言えば、「しーくりくりし」の「くりし」の金額ってことだね

おじさん(先生)

その通りじゃ

通常であれば、期末商品の金額は、商品有高帳を作成し、先入先出法などにより算定します。

しかし、中にはそれが困難な業種もあります。

代表例は小売業です。

ボブ(勉強中)

小売業?

スーパーマーケットやホームセンターのような、取扱い商品数が多数ある会社をイメージしてみてください。

商品数が非常に多いので、商品別にそれぞれ商品有高帳を作成するのは大変です。

商品有高帳を用意できなければ(個別に管理が出来なければ)、期末在庫の金額を算定することはできません。

ボブ(勉強中)

確かに商品数が無数にあると、期末在庫の金額は算定できないのか

数が多すぎて商品の個別管理がままならない場合に、「簡便的に期末在庫の金額を算定しよう」というのが売価還元法です。

売価還元法の概要

ボブ(勉強中)

簡便的って、具体的にどう算定するの?

売価還元法は文字通り、売価をもとに原価を算定しようという方法になります。

具体的には、下記のように算定します。

期末在庫の売価 × 原価率 = 期末在庫の原価

ボブ(勉強中)

普段と全然違う…

おじさん(先生)

普段の常識を取っ払って理解することがポイントじゃ。

一応原価率について触れておきましょう。

原価率は売価に占める原価の割合です。

売価に原価率を乗じると、原価を求めることができます。

具体例

70円で購入した商品を100円で売る場合
→ 原価率70%

売価100円と原価率70%がわかっていれば、原価が算定できる。

売価100円×70%=原価70円

ボブ(勉強中)

原価率を使うのが売価還元法なのか。でも、1つ1つの商品について原価率を掛けるの面倒くさそうだね

おじさん(先生)

その点は違うんじゃ

売価還元法は個別に商品を管理することをあきらめます。

よって、1つ1つについて別々に計算することはしないのです。

複数の商品を1つのグループとしたうえで、まとめて計算をします

具体例
  • 当社は100種類商品を扱っており、これらを1まとめにして売価還元法を適用している。
  • 商品100種類の期末在庫の売価合計は20万円である。
  • 原価率(商品100種類の平均)は、70%である。

この場合、期末在庫の金額は20万円×70%=14万円

具体的な計算

概要がつかめたら、あとは実際の計算過程を確認してみましょう。

売価還元法においては、下記の2点がわかれば期末在庫が算定できます。

  1. 期末在庫の売価
  2. 原価率

よって、この2つを求めることになります。

具体例
  • 期首商品:原価5万、売価7万
  • 当期仕入高:65万(値入額28万)
  • 当期売上高:80万

① 期末在庫の売価の算定

問題文には期末在庫の売価が書かれていないため、まずこれを算定することになります。

そこで、商品のボックスを売価ベースで作ってみます。

「期末商品の売価」以外の3つの売価が分かれば、貸借差額により期末在庫の売価を求めることができます。

期首商品の売価

簿記の問題では、これは問題文に書かれています。
(当期首商品=前期末商品なので、前期末の決算において、前期末在庫の売価が算定されている)

本問では、期首商品の売価=7万円

当期に仕入れた商品の売価

当期仕入高に値入額(ねいれがく)を加えることによって、算定できます。
「値入額」とは、仕入高に上乗せする利益のことをいいます。
今回は、仕入高65万、値入額28万なので、「65万で仕入れた商品を、28万上乗せして、売価93万円で販売する」という設定になっています。

本問では、当期に仕入れた商品の売価=93万円

当期に売った商品の売価

売った商品の売価は、当期の売上です。
どんなに商品数が多くても、売上の金額は普通に把握してるため、そのデータを用いることになります。

本問では、当期に売った商品の売価=80万円

ボブ(勉強中)

これで、期末商品の売価以外の売価データが揃った!

はい。
あとは、貸借差額により期末在庫の売価データを算定します。

② 原価率の算定

続いては、原価率を求めましょう。

下記の勘定図を見てください。

商品ボックスの借方を、原価と売価に分けました。
そのうえで、それぞれの合計額を算定します。

  • 原価合計:70万円
  • 売価合計:100万円
ボブ(勉強中)

売価のデータはさっき算定したから、それをそのまま使うんだね

ここから原価率を求めることができます。

原価率は、70万÷100万=70%

この70%が当期の平均的な原価率になります。

おじさん(先生)

最初にも言ったとおり、複数の商品をまとめて計算しておる。なので、特定の商品の原価率ではなく、あくまでも、複数の商品を1つにまとめた場合の原価率という点は理解しておくんじゃぞ

解答(期末在庫の算定)

期末在庫の売価と原価率が求まりました。

あとは両者を掛けるだけです。

期末在庫の売価20万×70%=14万

この14万円が期末在庫の金額になります。

期末在庫の金額が求まれば、あとはいつも通りです。

すなわち、この14万円を用いていつも通り、しーくりくりしをやります。

借方科目金額貸方科目金額
仕入5万繰越商品5万
繰越商品14万仕入14万

最後に

今回はここまでになります。

この記事では、基本的な考え方について解説しました。

しかし実際の売価還元法には、もっと細かい話がいくつかあります。

その点は、また別の記事にて解説をしようと思っておりますので、どうぞお待ちください!

おまけ

おじさん(先生)

この記事はわかりやすかったかの?

ボブ(勉強中)

うん!もっと会計のこと学んでみたいな!

おじさん(先生)

それなら、会計ノーツの公式本がおすすめじゃ。
その名も「世界一やさしい会計の教科書」じゃ!

会計ノーツの公式本

会計ノーツの管理人である登川が、会計を勉強する全ての方に向けて、

  • 考え方からちゃんと説明すること
  • わかりやすく丁寧に解説すること

を心がけて、書きました。

読み終えた頃には、「よくわかって、楽しかった!」と思えるはず! 

財務3表はもちろん、簿記・仕訳、収益認識、のれん、繰延税金資産などの会計用語、会計理論、財務分析など、財務会計の一通りについて、わかりやすく、丁寧に解説します。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次