オススメの求人情報はこちらをクリック!

貸倒引当金繰入と貸倒損失の違い!貸倒3パターンをわかりやすく解説

貸倒引当金
このノーツを書いた人
nobo(登川雄太)

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学→在学中に公認会計士試験と日商簿記1級に合格→監査法人トーマツ→CPA&会計ノーツ開設

\更新情報を受け取る/

こんにちは!

今回は日商簿記検定3級を学習している方を対象に、貸倒れの3パターンの仕訳を解説します。

\こちらもオススメ/
【貸倒引当金】図解を用いてわかりやすく解説します(簿記3級)

貸倒の3パターン

まず3パターンから確認しましょう。

① 掛け販売した期に貸倒れ
② 掛け販売した翌期に貸倒れ(見積の範囲内
② 掛け販売した翌期に貸倒れ(見積を超過

①と②・③の⼤きな違いは決算を通過したかどうかです。

決算を通過していない①は貸倒引当⾦を設定する前に貸倒れが⽣じています。
対して、②・③は貸倒引当⾦を設定した後に貸倒れが⽣じています。

「貸倒引当金を設定する=費用計上をする」ということなので、②・③は費用計上をした後に貸倒れた場合ということもできます。

また、②と③については、貸倒引当⾦を超過するか否かが異なります。
貸倒引当⾦はあくまでも決算時点の⾒積りに基づき計上するものなので、貸倒引当⾦の⾦額と翌期の貸倒額にはズレが⽣じるのが通常です。
その結果、②予想の範囲内なのか③予想オーバーなのかに分かれます。

各3パターンの仕訳

① 掛け販売した期に貸倒れが⽣じた場合

この場合、貸倒引当⾦を設定していないので単に費用(貸倒損失)を計上すればOKです。

借 方金額貸 方金額
貸倒損失××売掛金××

② 掛け販売した翌期に貸倒れが⽣じた場合(貸倒額≦貸倒引当⾦)

具体例 X1年度の決算で貸倒引当⾦を200計上し、X2年度に180貸倒れた場合

この場合、貸倒引当⾦を設定しているため貸倒引当金を取り崩します

逆に言えば、借方は費用にしません
なぜなら、借方を費用にしてしまうと、前期の決算で計上した費用と合わせて二重計上になってしまうからです。

借 方金額貸 方金額
貸倒引当金180売掛金180

② 掛け販売した翌期に貸倒れが⽣じた場合(貸倒額≦貸倒引当⾦)

具体例 X1年度の決算で貸倒引当⾦を200計上し、X2年度に250貸倒れた場合

この場合、貸倒引当⾦を設定しているため貸倒引当金を取り崩します
しかし見積りをオーバーした金額は貸倒引当金を取り崩すことはできないため、この部分は費用にします。

借 方金額貸 方金額
貸倒引当金200売掛金250
貸倒損失50
補足貸倒損失と貸倒引当金繰入の違い

上記の③の仕訳において、費用の勘定科目を「貸倒損失」ではなく「貸倒引当金繰入」と間違えてしまうことがあります。
両者は以下のように区別しましょう。

  • 貸倒損失:実際に貸倒れが生じた際の費用
  • 貸倒引当金繰入:貸倒を見積もった際の費用

「実際」or「見積り」で区別をします。
③は実際に貸倒れが生じていますので貸倒損失になるのです。

そのため、貸倒損失は期中仕訳で生じ、貸倒引当金繰入は決算整理仕訳で生じるということもできます。
また、貸倒引当金繰入の相手勘定は必ず「貸倒引当金」となります。

最後に

結局、どのパターンに該当したとしても、「貸倒額=費用の合計額」となります。

そのため、

  • すでに費用計上している場合(決算している場合)は貸倒時には費用計上の必要がない
  • まだ費用計上していない場合は、貸倒時に費用計上をする

となります。

コメント

免責事項 当サイトは管理人による個人サイトであり、利用者に対して個々の状況に応じた専門的アドバイスを提供するものではありません(具体的なご相談は、各種専門家にお問い合わせください)。従って、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、当サイトの内容は管理人の個人的な見解であり、CPA会計学院の公式見解ではないことをお断り申し上げます。
タイトルとURLをコピーしました