【完全無料】簿記をきちんと学ぶなら『CPAラーニング』

【税効果会計】タックスプランニングってなんのこと?

n

登川 雄太(nobocpa

CPA会計学院 公認会計士講座 講師

繰延税金資産の回収可能性を勉強した際に「タックスプランニング」というワードが出てきたのですが、そもそもタックスプランニングとはなんですか?

 

タックスプランニングとは、「税金負担が無駄に大きくならないようにするための計画」のこと
解説

法人税等を前払いすると、将来減算一時差異が生じます。

将来減算一時差異には、差異が解消する期の課税所得を減額させることで、法人税等の支払額を減らす効果があります。

裏を返せば、差異解消時の課税所得が十分になければ、法人税等を減額させる効果はありません

具体例タックスプランニングの必要性

  • 将来減算一時差異が100生じ、繰延税金資産を30計上している(税率30%)
  • 当期末において、差異が解消する期の利益を検討したところ、ゼロと予想された

タックスプランニングがなければ、、、

  • 差異解消時の利益はゼロなので、元から法人税等はゼロ
  • 法人税等にマイナスという概念はないため、差異の解消を考慮しても、やはり法人税等はゼロ
差異が解消したけど、法人税等は減ってない…!

この具体例のように、そもそも利益がなければ法人税等を減らす効果は発揮されないのです。

これがいわゆる繰延税金資産の回収可能性がない状態です。

このままでは将来減算一時差異100が無駄になってしまいます。

「税金の前払額30は無駄だった」ってことになっちゃうんだね

そうです、このように何も工夫しなければ税負担が無駄に大きくなってしまう場合があるのです。

そこで、タックスプランニングです。

将来減算一時差異を無駄にしないための計画を立てます

(例)

  • 差異の解消する期に、含み益のある有価証券や土地を売却し売却益を計上する

このように、(ある意味、無理やり)課税所得を発生させる計画を立て、将来減算一時差異がちゃんと効果を発揮するようにするのです。

このような計画をタックスプランニングといいます。

将来の利益が見込めていなかったとしても、適切なタックスプランニングをすることで繰延税金資産の回収可能性があるものと認められます。

CPAラーニングで簿記を学びませんか?

合格に必要なすべてが無料でご利用できます。手間もかからず、1分で学習開始が可能です。
気軽にどうぞ!

このノーツを書いた人
登川 雄太

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学(在学中に公認会計士試験合格)→監査法人トーマツ→CPA

\更新情報を受け取る/

P.S.
最後までお読み頂きありがとうございます!
この下にコメント欄がありますので、ぜひお気軽に感想や質問ください(n^o^)b

税効果会計
\感想待ってます/
会計ノーツ|楽しくわかる、わかるは楽しい。

コメント

免責事項 当サイトは管理人による個人サイトであり、利用者に対して個々の状況に応じた専門的アドバイスを提供するものではありません(具体的なご相談は、各種専門家にお問い合わせください)。従って、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、当サイトの内容は管理人の個人的な見解であり、CPA会計学院の公式見解ではないことをお断り申し上げます。
タイトルとURLをコピーしました