オススメの求人情報はこちらをクリック!

【Q&A】設立登記の費用は、資本金から控除できるのか?

会計QA繰延資産
このノーツを書いた人
nobo(登川雄太)

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学→在学中に公認会計士試験と日商簿記1級に合格→監査法人トーマツ→CPA&会計ノーツ開設

\更新情報を受け取る/
設立登記の費用は、資本金から控除できる?

 

財務会計上および法人税法上において、創立費を資本金から控除することはできません。
解説

会社設立の登記費用は創立費にあたります。

創立費は財務会計上において繰延資産に該当します。

そのため、

  • 原則:費用処理
  • 容認:資産計上し、定額法により5年以内に償却

となります。

なぜ、資本金から控除できないかというと、「資本取引・損益取引区分の原則」のためです。

この原則は、出資者との取引(資本取引)と他の取引(損益取引)を区別することを要請する原則です。

具体的には、出資者との取引は元手を増減させ、他の取引は利益を増減させるように処理を行います。

設立登記費用の支払いは出資者との取引ではありません。
よって、損益取引に該当するので資本金から控除はできないのです。

なお、法人税法上においては、繰延資産は任意償却(会社が自由に償却できる)である点が財務会計との違いになります。

コメント

免責事項 当サイトは管理人による個人サイトであり、利用者に対して個々の状況に応じた専門的アドバイスを提供するものではありません(具体的なご相談は、各種専門家にお問い合わせください)。従って、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、当サイトの内容は管理人の個人的な見解であり、CPA会計学院の公式見解ではないことをお断り申し上げます。
タイトルとURLをコピーしました