【Q&A】設立登記の費用は、資本金から控除できるのか?

設立登記の費用は、資本金から控除できる?

財務会計上および法人税法上において、創立費を資本金から控除することはできません。

目次

解説

会社設立の登記費用は創立費にあたります。

創立費は財務会計上において繰延資産に該当します。

そのため、

  • 原則:費用処理
  • 容認:資産計上し、定額法により5年以内に償却

となります。

なぜ、資本金から控除できないかというと、「資本取引・損益取引区分の原則」のためです。

この原則は、出資者との取引(資本取引)と他の取引(損益取引)を区別することを要請する原則です。

具体的には、出資者との取引は元手を増減させ、他の取引は利益を増減させるように処理を行います。

設立登記費用の支払いは出資者との取引ではありません。
よって、損益取引に該当するので資本金から控除はできないのです。

なお、法人税法上においては、繰延資産は任意償却(会社が自由に償却できる)である点が財務会計との違いになります。

おまけ

おじさん(先生)

この記事はわかりやすかったかの?

ボブ(勉強中)

うん!もっと会計のこと学んでみたいな!

おじさん(先生)

それなら、会計ノーツの公式本がおすすめじゃ。
その名も「世界一やさしい会計の教科書」じゃ!

ボブ(勉強中)

世界一やさしい会計の教科書…

会計ノーツの公式本

会計ノーツの管理人である登川が、会計を勉強する全ての方に向けて、

  • 考え方からちゃんと説明すること
  • わかりやすく丁寧に解説すること

を心がけて、書きました。

読み終えた頃には、「よくわかって、楽しかった!」と思えるはず! 

財務3表はもちろん、簿記・仕訳、収益認識、のれん、繰延税金資産などの会計用語、会計理論、財務分析など、財務会計の一通りについて、わかりやすく、丁寧に解説します。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学(在学中に公認会計士試験合格)→監査法人トーマツ→CPA

コメント

コメントする

目次
閉じる