質問箱を設置しました!

事例で学ぶ!資本準備金による欠損填補を理解する

純資産会計

株式会社ユーグレナから、次の開示がなされました。

資本準備金の額の減少及び剰余金の処分に関するお知らせ

内容は「資本準備金の減少」と「剰余金の処分」を行ったというものです。

今回は、本件を題材に資本準備金による損失填補を説明します!

開示の概要

まず、題材となっているユーグレナの開示の内容を簡単にまとめておきます。

① 資本準備金の額の減少
資本準備金11,880百万円のうち、9,656百万円をその他資本剰余金に振り替える。

② 剰余金の処分
その他資本剰余金9,656百万円を減少させ、繰越利益剰余金を9,656百万円増加させる。

これにより、繰越損失9,656百万円が全額解消し、繰越利益剰余金はゼロになる

???
では詳しく解説をしていこう

解説

まずは仕訳から確認しましょう。

今回の事例を仕訳にすると以下のようになります。

① 資本準備金の額の減少

借 方 金額 貸 方 金額
資 本 準 備 金 9656 その他資本剰余金 9656

② 剰余金の処分

借 方 金額 貸 方 金額
その他資本剰余金 9656 繰越利益剰余金 9656

仕訳だけみても全体像がみえませんので、貸借対照表ベースで確認をしてみましょう。

ユーグレナがやりたかったこと

今回の目的は、

繰越利益剰余金がマイナスの状態なので、資本準備金と相殺してマイナスを解消する

ことです。

ユーグレナの繰越利益剰余金はマイナス9,656百万円で欠損の状態になっていました。

そこで、欠損を解消するために資本準備金と相殺するのが今回のやりたいことです。

やりたいことはすごいシンプルだ
そのとおりじゃ

しかし、残念ながら以下のシンプルな相殺仕訳はできません。

借 方 金額 貸 方 金額
資 本 準 備 金 9656 繰越利益剰余金 9656

なぜなら、会社法において、繰越利益剰余金と相殺出来るのはその他資本剰余金と定められているからです。

えッ…じゃあ相殺はできない…?
いや、1つ方法があるんじゃ

それが今回の方法です。

資本準備金と繰越利益剰余金を相殺する方法

2つのステップを踏めば、資本準備金と繰越利益剰余金を相殺することができます。

具体的には以下の2つです。

  1. まず、資本準備金をその他資本剰余金に振り替える。
  2. そのうえで、その他資本剰余金を繰越利益剰余金と相殺する。

資本準備金は繰越利益剰余金と相殺はできませんが、その他資本剰余金に振り替えることが可能です。

そこで、その他資本剰余金に振り替えてから相殺をすることで、実質的に資本準備金と繰越利益剰余金を相殺ができるのです。

 

今回、ユーグレナがやったのはこの手続きなのです。

確かに、その他資本剰余金を経由することで、やりたいことはできた…!
スポンサーリンク

最後に

今回はユーグレナで行われた実際の事例を題材に、資本準備金を利用した欠損填補を解説をしました。

純資産に関する仕訳は会社法の知識も必要な分だけ学習の難易度は高いといえます。

今回の記事で少しでも理解が深まれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
純資産会計 論点解説
\#会計ノーツで感想をツイートしよう/
このノーツを書いた人
nobo

会計ノーツ編集長のnoboです。
普段はCPA会計学院で公認会計士講座の講師をしながら、会計の教え方を日々研究しています。
公認会計士試験、日商簿記1級に合格済みです。

\更新情報を受け取る/
会計ノーツ|楽しくわかる、わかるは楽しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました