収益認識を勉強するならこれ!おすすめ本を3冊ご紹介

会計ノーツでは収益認識の解説記事を多くあげています。

収益認識の解説記事は、会計基準のほかに出版されている書籍も参考にしています。

様々な書籍を読みましたが、その中でもとりわけおすすめなものを3冊ご紹介します。

目次

1冊で詳細に知りたいなら

もし1冊だけ選ぶなら本書がおすすめです。

設例、仕訳、別表が多く掲載されており、1つひとつの論点をしっかり把握できる内容になっています。

ノーツの解説記事作成でも、よく参考にしています。

ただし本書は専門的な分だけ内容も難しいです。

そこでオススメは、専門的なものと初心者向けの2冊を用意することです。

というわけで、もう1冊オススメなのが下記の書籍です。

初心者向けの1冊ならこれ

本書はQ&A方式で読みやすい内容です。

ページ数も薄いので、短い時間で一通り勉強することができます。

タイトルにあるとおりざっくり勉強をしたい場合にはうってつけです。

なお、税務上の取り扱いも一通り掲載されており網羅性もあります。

(内容を簡潔にしながらも、網羅性も維持しているのはスゴいなあと思います。)

プラスアルファ知りたい方は

  • 第1章:収益認識会計基準の総論
  • 第2章:収益に関する会計処理の基本
  • 第3章:実務上の個別論点
  • 第4章:業種別論点
  • 第5章:導入に際する実務対応

このように、第1・2章で基本的な解説があり、第3章以降では実務寄りの内容となっています。

収益認識の解説書は、基準の切り貼りが多いなかで本書はプラスαの解説が多く含まれています

また、Q&A方式を採用してあり、詳細さと簡潔さのバランスがうまくとれています。

おまけ

おじさん(先生)

この記事はわかりやすかったかの?

ボブ(勉強中)

うん!もっと会計のこと学んでみたいな!

おじさん(先生)

それなら、会計ノーツの公式本がおすすめじゃ。
その名も「世界一やさしい会計の教科書」じゃ!

ボブ(勉強中)

世界一やさしい会計の教科書…

会計ノーツの公式本

会計ノーツの管理人である登川が、会計を勉強する全ての方に向けて、

  • 考え方からちゃんと説明すること
  • わかりやすく丁寧に解説すること

を心がけて、書きました。

読み終えた頃には、「よくわかって、楽しかった!」と思えるはず! 

財務3表はもちろん、簿記・仕訳、収益認識、のれん、繰延税金資産などの会計用語、会計理論、財務分析など、財務会計の一通りについて、わかりやすく、丁寧に解説します。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学(在学中に公認会計士試験合格)→監査法人トーマツ→CPA

コメント

コメントする

目次
閉じる