「#会計ノーツ」で感想をツイートしよう

包括利益を解く #1 |公認会計士試験過去問

包括利益
基礎データ
分野:包括利益
論点:その他の包括利益(OCI)の算定
過去問:H25年Ⅰ(短答式試験)
ランク:重要性A 難易度A
問題

当期のその他の包括利益(OCI)を答えなさい。
・前期末におけるその他有価証券(A株とB株)の取得原価の合計は1,100、時価の合計は1,250であった。
・当期末にA株を売却した。残ったB株(簿価1,000)の時価は1,200となった。
・A株の期首の評価益は売却時までに20減少し,その結果売却益は10であった。

解答解説


●解答
50

●解説
1.必要な知識
その他の包括利益の算定方法

2.解き方
その他有価証券評価差額金の、

前期末残高:1,250-1,100=150
当期末残高:1,200-1,000=200

∴ OCI:200-150=50

3.注意点
OCIは当期末と前期末のBS計上額の差額で計算ができます。
A株の売却に関する資料は、組替調整の額を算定する場合には必要ですが、OCI自体を算定する本問の場合には必要ありません。

一言アドバイス

「OCIはB/Sの差額」という視点は非常に基本的なものですが、中途半端に組替調整の知識をつけてしまうと忘れがちです。この視点を忘れると、本問のような問題で無駄に売却等を考慮してしまい、間違えてしまうので注意です。
大切なので繰り返します。

「OCIはB/Sの差額!」

 

\ 過去問カード /

この投稿は役に立ちましたか?
役に立った(4人が役に立ったと言っています。)

感想をツイートして頂けると嬉しいです。
専用ハッシュタグ→「#会計ノーツ」
スポンサーリンク
包括利益 論点解説
\#会計ノーツで感想をツイートしよう/
会計ノーツ 編集長
nobo

会計ノーツ編集長のnoboです。普段はCPA会計学院で公認会計士講座の講師をしながら、会計の教え方を日々研究しています。
公認会計士試験、日商簿記1級に合格済みです。

\更新情報を受け取る/
会計ノーツ|楽しくわかる、わかるは楽しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました