「#会計ノーツ」で感想をツイートしよう

借入金はなぜ貸方に計上される?借方が左で貸方が右の理由!

会計コラム

お金を借りた際の仕訳は

(借方)現金××× (貸方)借入金×××

となり、借入金勘定の貸方に計上されます。

逆に、お金を貸した場合は、貸付金勘定の借方に計上されます。

借りたのに貸方…、貸したのに借方…

逆に思えますが実は理由があります。

そこで今回は、借方と貸方の意味について解説をします!

人名勘定による記録

その昔(中世)、お金を借りたときは「借入金」ではなくいわゆる人名勘定で記録していました。

人名勘定とは取引相手の名前をそのまま勘定科目にしたものです。

例えば、A社からお金を借りた場合は、

現金100 / 借入金100

ではなく

現金100 / A社100

このように、「A社」という取引相手の名前を勘定科目にします。

このため、A社からの借金は下記のように「A社」勘定に記録されることになります。

人名勘定を主語にして読む

では、なぜ右側を貸方と言うのでしょうか?

それは・・・

 

A社を主語にして読む

 

からです。

つまり、

「A社から借りた」ではなく、

「A社が貸した」と捉えるのです。

A社を主語にして「A社」勘定を見てみると…

A社が「貸した」金額が「右側」にある!
そうじゃ。だから「貸方」が「右側」を意味するのじゃ
なるほど!

逆にA社にお金を貸した場合には、

A社100 / 現金100

となり、これはA社がお金を借りていると捉えるため、借方が左になるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

・人名勘定による記録

・取引相手を主語にする

という2点から考えることで、借方と貸方の意味が見えてきます。

現在においては、人名勘定ではなく「借入金」勘定を使います。

そしてその意味は返済する義務であり、主語は当社です。

なので、貸し方という名称と直感的なイメージが真逆になってしまっているのです。

\今回のまとめ/

借方と貸方を英語でいうと

英語では

借方:debitor(略称Dr.)
貸方:creditor(略称Cr)

と言います。

debitorは債務者(借りた人)、
creditorは債権者(貸した人)

という意味です。

英語ベースでも「左」は「借」「右」は「貸」になっています。

むしろ英語のDr・Crを翻訳して借方・貸方という表現にしたんじゃ
この投稿は役に立ちましたか?
役に立った(0人が役に立ったと言っています。)

感想をツイートして頂けると嬉しいです。
専用ハッシュタグ→「#会計ノーツ」
会計コラム
\#会計ノーツで感想をツイートしよう/
会計ノーツ 編集長
nobo

会計ノーツ編集長のnoboです。普段はCPA会計学院で公認会計士講座の講師をしながら、会計の教え方を日々研究しています。
公認会計士試験、日商簿記1級に合格済みです。

\更新情報を受け取る/
会計ノーツ|楽しくわかる、わかるは楽しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました