変な仕訳

最近、本屋に行くと平積みされている「変な絵」という本。

変な絵

あなたも、何かがおかしい9枚の絵の「謎」が解けますか?
とあるブログに投稿された『風に立つ女の絵』、消えた男児が描いた『灰色に塗りつぶされたマンションの絵』、山奥で見つかった遺体が残した『震えた線で描かれた山並みの絵』……。
いったい、彼らは何を伝えたかったのか――。9枚の奇妙な絵に秘められた衝撃の真実とは!?
その謎が解けたとき、すべての事件が一つに繋がる! 

(↑amazonリンク)

前々から気になっていたので、先日手に取って読んでみました。

結論から言うと、満足です👍

終始不気味な感じが漂っており、読書中はドキドキしっぱなし。
短編ものかと思っていたら、そうではなく最後にちゃんと伏線回収。
文章は読みやすく、そこまで量もなくサクサク読めるのでおすすめです。

「変な家」という作品もあるらしいので、それもいずれ読んでみようと思います。

と、ここで終わらせたら、単なるブログになってしまう…

ということで、

「変な絵」ならぬ「変な仕訳」をご紹介しようと思います。

気晴らしに読んでください笑

変な仕訳

何かがおかしい6つの「仕訳」の謎が解けますか?

お金が減らないのに費用が計上された「支出なき費用」、
払った金額以上の取得原価が計上される「支出額以上の取得原価」、
あるはずの負債が計上されない「見えない負債」、
費用を払ったはずなのに資産が計上された「価値なき資産」、
借り物を自分のものとして扱う「所有権なき資産」、
商品を100円で販売したのに売上が100円にならない「反直感的売上」……。

いったい、この仕訳は何を意味するのか――。6つの変な仕訳に秘められた衝撃の真実とは!?
その謎が解けたとき、財務会計の理解が一つに繋がる! 

  • お金が減らないのに費用が計上された「支出なき費用」
  • 払った金額以上の取得原価が計上される「支出額以上の取得原価」
  • あるはずの負債が計上されない「見えない負債」
  • 費用を払ったはずなのに資産が計上された「価値なき資産」
  • 借り物を自分のものとして扱う「所有権なき資産」
  • 商品を100円で販売したのに売上が100円にならない「反直感的売上」

いったい、この仕訳は何を意味するのか

①お金が減ってないのに費用が計上された「支出なき費用」

これはストック・オプションです。
ストック・オプションでは、取引全体を通じて現金支出はないけれども費用が計上されます。

借方科目金額貸方科目金額
株式報酬費用××新株予約権××
費用の相手勘定は純資産の勘定であり、現金支出は生じない

②払った金額以上の取得原価が計上される「支出額以上の取得原価」

これは資産除去債務です。
資産除去債務が認識される場合、資産除去債務の分だけ取得原価が増加します。

借方科目金額貸方科目金額
建物150現金100
資産除去債務50
資産除去債務は取得原価に含められる

③あるはずの負債が計上されない「見えない負債」

これは退職給付における未認識の差異です。
差異(不利差異)を未認識とした場合、実際の債務額よりも退職給付引当金の金額は小さくなります。

借方科目金額貸方科目金額
仕訳なし
未認識とした額は、負債計上されない

④費用を払ったはずなのに資産が計上された「価値なき資産」

これは繰延資産です。
繰延資産は本来費用となるものを、資産とするものなので、換金できない資産となります。

借方科目金額貸方科目金額
株式交付費(資産)100現金100
本来費用であるはずの手数料が資産計上されている

⑤借り物を自分のものとして扱う「所有権なき資産」

これは借手におけるファイナンス・リース取引です。
ファイナンス・リース取引では、リース物件の所有権は貸手にありますが、借手においてこれを資産計上します。

借方科目金額貸方科目金額
リース資産100リース債務100
所有権は当社にないが、資産計上される

⑥反直感的売上

これは収益認識全般です笑
変動対価の場合、ポイントを付与した場合など、収益認識基準では「販売額≒売上額」というパターンが多くあります。

借方科目金額貸方科目金額
現金100売上97
契約負債3
例えばポイントを付与した場合、その分は販売時の売上にしない

上記以外にも、パッとは理解できない変な仕訳は多くあります。

ただ、それぞれに財務会計としての論拠が存在しています。

変な仕訳が、変だなと感じるのは理解不足のシグナルです。

「変な仕訳が、普通の仕訳と思える」ことを目標に勉強しましょう!

おまけ

おじさん(先生)

この記事はわかりやすかったかの?

ボブ(勉強中)

うん!もっと会計のこと学んでみたいな!

おじさん(先生)

それなら、会計ノーツの公式本がおすすめじゃ。
その名も「世界一やさしい会計の教科書」じゃ!

会計ノーツの公式本

会計ノーツの管理人である登川が、会計を勉強する全ての方に向けて、

  • 考え方からちゃんと説明すること
  • わかりやすく丁寧に解説すること

を心がけて、書きました。

読み終えた頃には、「よくわかって、楽しかった!」と思えるはず! 

財務3表はもちろん、簿記・仕訳、収益認識、のれん、繰延税金資産などの会計用語、会計理論、財務分析など、財務会計の一通りについて、わかりやすく、丁寧に解説します。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次