会計ノーツの公式Twitterはこちら

令和元年 公認会計士試験|合格発表の概要と傾向について

会計トピックまとめ会計コラム
このノーツを書いた人
登川 雄太

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学(在学中に公認会計士試験合格)→監査法人トーマツ→CPA

\更新情報を受け取る/

本日、公認会計士試験の合格発表がありました。

合格された皆様、本当におめでとうございます。

試験の概要と傾向について、簡単にまとめておきます。

記事の参考元→令和元年公認会計士試験の合格発表について|公認会計士・監査審査会

概要

願書提出者数12,532人
合格者数1,337人
合格率10.7%
合格者の平均年齢25.2歳

傾向

合格者数

合格者数(合格率)は、5年前から、1,051人(10.3%)→1,108人(10.8%)→1,231人(11.2%)→1,305人(11.1%)→1,337人(10.7%)となっています。

合格者数が増加傾向にあるのは、監査法人における人手不足の状況続いているのが理由だと思われます。

ただし、合格率自体は微減であり、公認会計士の就職状況が良いので受験者数も増えているのでしょう。

女性比率

女性会計士の活躍について|日本公認会計士協会

公認会計士協会は、「2030年度までに公認会計士試験合格者の女性比率を30%へ上昇させる」ことを目標として設定しています。

今回、受験者に占める女性比率は24.4%であり、合格者数に占める比率は23.6%でした。

昨年の合格者に占める女性比率は19.7%だったので、かなり上昇しています。

平均年齢について

最近5年間の合格者の平均年齢は、26.8歳→27.1歳→26.2歳→26.3歳→25.2歳(今年)となっています。

27歳前後だった平均年齢が、2年前に26歳になり、今年に25歳になりました。

合格者の年齢は減少傾向にありますが、これ以上はもうなかなか下がらないのではないかと思います。

 

記事の参考元→令和元年公認会計士試験の合格発表について|公認会計士・監査審査会

コメント

免責事項 当サイトは管理人による個人サイトであり、利用者に対して個々の状況に応じた専門的アドバイスを提供するものではありません(具体的なご相談は、各種専門家にお問い合わせください)。従って、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、当サイトの内容は管理人の個人的な見解であり、CPA会計学院の公式見解ではないことをお断り申し上げます。
タイトルとURLをコピーしました