令和元年 公認会計士試験|合格発表の概要と傾向について

本日、公認会計士試験の合格発表がありました。

合格された皆様、本当におめでとうございます。

[temp id=3]

試験の概要と傾向について、簡単にまとめておきます。

記事の参考元→令和元年公認会計士試験の合格発表について|公認会計士・監査審査会

目次

概要

願書提出者数 12,532人
合格者数 1,337人
合格率 10.7%
合格者の平均年齢 25.2歳

傾向

合格者数

合格者数(合格率)は、5年前から、1,051人(10.3%)→1,108人(10.8%)→1,231人(11.2%)→1,305人(11.1%)→1,337人(10.7%)となっています。

合格者数が増加傾向にあるのは、監査法人における人手不足の状況続いているのが理由だと思われます。

ただし、合格率自体は微減であり、公認会計士の就職状況が良いので受験者数も増えているのでしょう。

女性比率

女性会計士の活躍について|日本公認会計士協会

公認会計士協会は、「2030年度までに公認会計士試験合格者の女性比率を30%へ上昇させる」ことを目標として設定しています。

今回、受験者に占める女性比率は24.4%であり、合格者数に占める比率は23.6%でした。

昨年の合格者に占める女性比率は19.7%だったので、かなり上昇しています。

平均年齢について

最近5年間の合格者の平均年齢は、26.8歳→27.1歳→26.2歳→26.3歳→25.2歳(今年)となっています。

27歳前後だった平均年齢が、2年前に26歳になり、今年に25歳になりました。

合格者の年齢は減少傾向にありますが、これ以上はもうなかなか下がらないのではないかと思います。

 

記事の参考元→令和元年公認会計士試験の合格発表について|公認会計士・監査審査会

おまけ

おじさん(先生)

この記事はわかりやすかったかの?

ボブ(勉強中)

うん!もっと会計のこと学んでみたいな!

おじさん(先生)

それなら、会計ノーツの公式本がおすすめじゃ。
その名も「世界一やさしい会計の教科書」じゃ!

ボブ(勉強中)

世界一やさしい会計の教科書…

会計ノーツの公式本

会計ノーツの管理人である登川が、会計を勉強する全ての方に向けて、

  • 考え方からちゃんと説明すること
  • わかりやすく丁寧に解説すること

を心がけて、書きました。

読み終えた頃には、「よくわかって、楽しかった!」と思えるはず! 

財務3表はもちろん、簿記・仕訳、収益認識、のれん、繰延税金資産などの会計用語、会計理論、財務分析など、財務会計の一通りについて、わかりやすく、丁寧に解説します。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学(在学中に公認会計士試験合格)→監査法人トーマツ→CPA

コメント

コメントする

目次
閉じる