簿記を勉強する意味あるの?という方へのおすすめ本!

先日、中央経済社より「会計人材のキャリア名鑑」が発売されました。

(amazonリンク)

本書には、簿記・会計を勉強すると、こんなキャリアがあるよ!」ということが書かれています。

具体的には次のようなことです。

  • どのような職種があるのか
  • その職種はどんな働き方なのか
  • 給料はどれくらいなのか

なんと言っても、この書籍のすごいところは、その掲載されているキャリア数です。

その数なんと50以上!

「名鑑」というだけあって、ほんとに様々なキャリアが書かれています。
(ちゃんと「資格スクール講師」まで掲載されているのにはビックリしました。年収例もあるので、興味ある方は見てみてください。あくまでも一例であり、僕の年収というわけではありません笑

改めて、「簿記の勉強=自分の可能性を広げること」だなと感じました。
(本書にも、「まず、会計初心者にお薦めしたいのが、言わずと知れた日商簿記検定3級です」という記載があります)

 ▼

「簿記を勉強すると、キャリアの選択肢が広がるのかなぁ」

というなんとなくのイメージが、

「こんなキャリアがあるんだ!」

具体的なものに変えてくれるのが本書だと思います。

「自分の学生時代にこんな本があったらな」と思わずにはいられませんでした。

特に、

  • 簿記・会計を勉強したらどんなキャリアがあるのかに興味ある方
  • 簿記を勉強しても、経理くらいしかキャリアないでしょと思っている方
  • 各キャリアの給料がどれくらいなのかを知りたい方

という方々におすすめです!

(amazonリンク)

おまけ

おじさん(先生)

この記事はわかりやすかったかの?

ボブ(勉強中)

うん!もっと会計のこと学んでみたいな!

おじさん(先生)

それなら、会計ノーツの公式本がおすすめじゃ。
その名も「世界一やさしい会計の教科書」じゃ!

会計ノーツの公式本

会計ノーツの管理人である登川が、会計を勉強する全ての方に向けて、

  • 考え方からちゃんと説明すること
  • わかりやすく丁寧に解説すること

を心がけて、書きました。

読み終えた頃には、「よくわかって、楽しかった!」と思えるはず! 

財務3表はもちろん、簿記・仕訳、収益認識、のれん、繰延税金資産などの会計用語、会計理論、財務分析など、財務会計の一通りについて、わかりやすく、丁寧に解説します。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次