ボーダーに全然点数が届かないとき、その結果をどう捉えるか

ボブ(勉強中)

模試の財務会計論…点数が取れなすぎた…ボーダーまであと50点もある…

おじさん(先生)

なにボブ?ボーダーまであと50点もある?・・・逆に考えるんだ「あと50点上げられればボーダーまで届く」と考えるんだ

合格ボーダーまであと50点足りなかった場合、「50点」という数字のインパクトに圧倒されてしまうと、気持ちが萎えてしまうでしょう。

ですが、この50点という数字はそれほどボーダーまで遠くないかもしれません。

 ▼

財務会計論の配点は基本的に1問8点です。

ということは、問題数で言うとざっくり6問で50点です。

さらに、計算と理論に分解するとそれぞれ3問です。

つまり、計算と理論がもしプラス3問取れるようになれば合格ボーダーまで届くということがわかります。

では、その問題を見返してみて「取れたはずの3問」はないでしょうか?

きっとあるはずです。

「本当はこれを取るべきだった。取れたはず」というのがあるはずです。

そうすると気づけます。

50点足りないというのは、それを具体的に落とし込んでいくとそう遠くないのです。

 ▼

あとはその「プラス3問」を取るために分析です。

なぜ解けなかったのか?

反復が足りなかったのか・・・、試験時間中に焦ってしまったのか・・・

原因がわかったらあとはそれを改善してやってみるだけ、となります。

 ▼

実際に直前期の模試や答練で点数的にはボーダーに全然届いてないような受講生でも、そこから点数が上がって結果的に合格するという受講生は毎年います。

今回は「財務会計論」で「50点」という設定で説明をしましたが、これは違う科目でも、点数が何点であっても、持つべき視点は同じです。

点数が悪かったときこそ、勇気を持ってすぐに見直しをすることが大切です。

模試の点数がどうであれ

「今の自分の状態から、本試験当日に合格ボーダーまで行くにはどうすればいいのか?」

という視点をもって前向きに勉強するようにしましょう!

おまけ

おじさん(先生)

この記事はわかりやすかったかの?

ボブ(勉強中)

うん!もっと会計のこと学んでみたいな!

おじさん(先生)

それなら、会計ノーツの公式本がおすすめじゃ。
その名も「世界一やさしい会計の教科書」じゃ!

ボブ(勉強中)

世界一やさしい会計の教科書…

会計ノーツの公式本

会計ノーツの管理人である登川が、会計を勉強する全ての方に向けて、

  • 考え方からちゃんと説明すること
  • わかりやすく丁寧に解説すること

を心がけて、書きました。

読み終えた頃には、「よくわかって、楽しかった!」と思えるはず! 

財務3表はもちろん、簿記・仕訳、収益認識、のれん、繰延税金資産などの会計用語、会計理論、財務分析など、財務会計の一通りについて、わかりやすく、丁寧に解説します。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学(在学中に公認会計士試験合格)→監査法人トーマツ→CPA

コメント

コメントする

目次
閉じる