償却債権取立益の仕訳をマスターしよう!(簿記3級)

こんにちは!

日商簿記3級の合格を目指している方のために、
図解を用いてわかりやすく解説します!

本記事のテーマは「償却債権取立益」です。
具体的には、下記の仕訳をマスターすることが目標です。

借方科目金額貸方科目金額
現金100償却債権取立益100

本記事は、CPAラーニング公式教科書であるいちばんわかる日商簿記3級の教科書をもとに作成しています。

\簿記3級、2級が無料のCPAラーニング/

講義は私が担当しています!
一緒に合格を目指しましょう!

目次

取引の概要

前期以前に貸倒処理した債権が、当期に回収できることがあります。

おじさん(先生)

一度経営破綻した会社が、復活した場合にはこういうことも起き得るんじゃ。ただ、滅多にない取引じゃな

ボブ(勉強中)

一度あきらめたものが、回収できてラッキーって感じだね

会計処理

前期以前に貸倒処理したものを回収できた場合、ラッキーな臨時収入と考えます。

そのため、収益を計上します。勘定科目は「償却債権取立益」です。

償却債権取立益(収益)
前期以前に貸倒処理した金額を当期に回収した場合の収益

具体例

前期に貸倒処理した売掛金100円を、当期に現金で回収した。

 ▼

借方科目金額貸方科目金額
現金100償却債権取立益100
  • 貸方は収益の発生
よくある間違え

上記の具体例で、貸方を「売掛金」とする間違いがよくあります。

×(現金)100(貸)売掛金100

「前期に貸倒処理した売掛金」というのは、
前期に「売掛金の減少の仕訳をすでに行っている」ことを意味しています。

そのため、その金額を回収した際に、再度売掛金の減少の仕訳は行わないのです。

最後に(まとめ)

今回のまとめ!

勘定科目

償却債権取立益(収益)
前期以前に貸倒処理した金額を当期に回収した場合の収益

仕訳例

具体例

前期に貸倒処理した売掛金100円を、当期に現金で回収した。

 ▼

借方科目金額貸方科目金額
現金100償却債権取立益100
  • 貸方は収益の発生

最後までありがとうございます。
本記事は以上です。

わからない部分がありましたら、コメント欄に記入してください。

なお、本記事はCPAラーニング公式教科書に準拠して作成しました。

CPAラーニングは簿記3級2級が無料で学習できるWEBサイトです。
教科書、動画、模擬試験といった合格に必要なコンテンツが全て揃っています

ぜひご利用ください♫

登川雄太(管理人)

講義は私が担当しています!
一緒に合格を目指しましょう!

\簿記検定の合格を目指すなら/

おまけ

おじさん(先生)

この記事はわかりやすかったかの?

ボブ(勉強中)

うん!もっと会計のこと学んでみたいな!

おじさん(先生)

それなら、会計ノーツの公式本がおすすめじゃ。
その名も「世界一やさしい会計の教科書」じゃ!

ボブ(勉強中)

世界一やさしい会計の教科書…

会計ノーツの公式本

会計ノーツの管理人である登川が、会計を勉強する全ての方に向けて、

  • 考え方からちゃんと説明すること
  • わかりやすく丁寧に解説すること

を心がけて、書きました。

読み終えた頃には、「よくわかって、楽しかった!」と思えるはず! 

財務3表はもちろん、簿記・仕訳、収益認識、のれん、繰延税金資産などの会計用語、会計理論、財務分析など、財務会計の一通りについて、わかりやすく、丁寧に解説します。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる