日商簿記2級の連結会計を理解する!部品Aと附属機器Bの内部利益について

こんにちは!

2019年11月17日に第153回の日商簿記検定が実施されました。

特に2級の連結会計が難しかったですね汗

今回は、部品の売買(内部利益)について、考え方を解説をします。

なお、本記事では考え方のみ解説をします。
実際の金額については各スクールが公表している解答解説をご確認下さい。

目次

問題の概要

今回の取引を簡単に整理すると、以下のようになっていました。

  1. P社が部品Aを調達する
  2. P社は部品AをS社に販売する(利益は原価の10%)
  3. S社は部品Aを加工し附属機器Bを製造する
  4. S社は附属機器BをP社に販売する(利益は原価の30%)

複雑な取引ですね。

頭の中だけでは整理しきれないため、取引を図解して整理してみましょう。

(今回は未達まで関係していたのでさらに難しいのですが、本記事では未達は割愛します)

問題の整理とポイント

取引図を書くと以下のようになります。

①〜④の順番でみていくと、部品Aの原価から始まって、利益や加工費の分だけ附属機器Bの金額は大きくなっていくことがわかります。

 

では、今回のポイントは何かというと、ずばり内部利益です。

 

内部利益に着目して上記の図を確認してみます。

S社の保有する資産にはP社が付加した内部利益が含まれています。

対して、P社が保有する資産には、S社が付加した内部利益だけでなくP社の利益も含まれています。

[temp id=1]

部品Aを加工して附属機器Bを製造しているから、P社の保有する附属機器BにはP社の利益も含まれちゃうんだね

そのため、消去する内部利益はこれらすべてになります。

[temp id=2]

ちなみに、問題文には「S社は附属機器Bの在庫はない」とあるので、実際には、「P社保有の附属機器B」と「S社保有の部品A」を消去するのじゃ

最後に

ここまでのことを問題文から読み取ることができれば、あとは実際の金額を当てはめて計算していくだけ、となります。

(ただ、このあとも、利益率が違うとか、附属機器Bの金額のうち部品Aの金額を算定しなきゃいけないとか、注意ポイントは多くあります。そのため、実際の難易度はもっと高いです汗)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学(在学中に公認会計士試験合格)→監査法人トーマツ→CPA

コメント

コメントする

目次
閉じる