オススメの求人情報はこちらをクリック!

日商簿記2級の連結会計を理解する!部品Aと附属機器Bの内部利益について

会計トピックまとめ会計コラム
このノーツを書いた人
nobo(登川雄太)

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学→在学中に公認会計士試験と日商簿記1級に合格→監査法人トーマツ→CPA&会計ノーツ開設

\更新情報を受け取る/

こんにちは!

2019年11月17日に第153回の日商簿記検定が実施されました。

特に2級の連結会計が難しかったですね汗

今回は、部品の売買(内部利益)について、考え方を解説をします。

なお、本記事では考え方のみ解説をします。
実際の金額については各スクールが公表している解答解説をご確認下さい。

問題の概要

今回の取引を簡単に整理すると、以下のようになっていました。

  1. P社が部品Aを調達する
  2. P社は部品AをS社に販売する(利益は原価の10%)
  3. S社は部品Aを加工し附属機器Bを製造する
  4. S社は附属機器BをP社に販売する(利益は原価の30%)

複雑な取引ですね。

頭の中だけでは整理しきれないため、取引を図解して整理してみましょう。

(今回は未達まで関係していたのでさらに難しいのですが、本記事では未達は割愛します)

問題の整理とポイント

取引図を書くと以下のようになります。

①〜④の順番でみていくと、部品Aの原価から始まって、利益や加工費の分だけ附属機器Bの金額は大きくなっていくことがわかります。

 

では、今回のポイントは何かというと、ずばり内部利益です。

 

内部利益に着目して上記の図を確認してみます。

S社の保有する資産にはP社が付加した内部利益が含まれています。

対して、P社が保有する資産には、S社が付加した内部利益だけでなくP社の利益も含まれています。

部品Aを加工して附属機器Bを製造しているから、P社の保有する附属機器BにはP社の利益も含まれちゃうんだね

そのため、消去する内部利益はこれらすべてになります。

ちなみに、問題文には「S社は附属機器Bの在庫はない」とあるので、実際には、「P社保有の附属機器B」と「S社保有の部品A」を消去するのじゃ

 

ここまでのことを問題文から読み取ることができれば、あとは実際の金額を当てはめて計算していくだけ、となります。

(ただ、このあとも、利益率が違うとか、附属機器Bの金額のうち部品Aの金額を算定しなきゃいけないとか、注意ポイントは多くあります。そのため、実際の難易度はもっと高いです汗)

コメント

免責事項 当サイトは管理人による個人サイトであり、利用者に対して個々の状況に応じた専門的アドバイスを提供するものではありません(具体的なご相談は、各種専門家にお問い合わせください)。従って、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、当サイトの内容は管理人の個人的な見解であり、CPA会計学院の公式見解ではないことをお断り申し上げます。
タイトルとURLをコピーしました