会計ノーツの公式Twitterはこちら

公認会計士は守りの資格か?それとも攻めの資格か?

このノーツを書いた人
登川 雄太

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学(在学中に公認会計士試験合格)→監査法人トーマツ→CPA

\更新情報を受け取る/

友人から会計士の採用を検討しているという連絡を受け、
先日それに関する記事をアップしました。

【非公開求人情報】ベンチャー、IPO、CFOに興味がある方はぜひ!

すでに何件か問い合わせを頂いていますが、
まだまだ募集中とのことで興味ある方は引き続き連絡をお待ちしています。

今回はこの話とからめて、公認会計士の魅力についてお伝えします。

公認会計士という資格のイメージは?

ところで、

公認会計士という資格のイメージは?

と聞かれたらどんなイメージを持ちますか?

  • 安定
  • 独占業務
  • 大手監査法人への就職
  • それなりに高収入

一般的にはこんなイメージを持ちやすいかと思います。

上記の特徴を一言で表すなら「守り」でしょうか。

公認会計士という資格は、
「失敗する確率を下げられる資格」
だと思います。

この意味で公認会計士は「守り」の資格といえるでしょう。

実際に受講相談をしても、「就活が不安」や、「現職の収入に不満がある」
といった理由を聞くことが多いです。

公認会計士は攻めの資格でもある

しかし、公認会計士という資格には
「守り」の他にもう一つの側面があります。

それは「攻め」です。

ここでいう「攻め」とは、
果敢にチャレンジできるという意味です。

公認会計士は資格取得者であるからこそ、
大きくチャレンジできるようになります。

例えば上記で紹介したベンチャーへの転職を例にとると、

仮に普通の会社員の場合には
「大手企業からベンチャー企業への転職」は
なかなか勇気が必要です。

なぜなら、ベンチャーへの転職というのは、
一般的にはハイリスク・ハイリターン
だからです。

大手からベンチャーに移ると、給料を始め様々な待遇が下がります。
また、それこそ倒産リスクも常に付きまといます。
大きなやりがいは手に入りますが、ハイリスクなのです。

しかし、公認会計士の場合
「大手監査法人からベンチャー企業への転職」は
普通によくあります。

この理由は、
公認会計士にとってベンチャー企業への転職は
ハイリスクではないからです。

公認会計士という超強力な後ろ盾があるからこそ、
仮に待遇が下がろうとも、倒産しようとも、
自分自身はなんとかなると思えるのです。

普通の人にとってはハイリスクと思ってしまうことでも、
会計士にとってはリスクではなくなるのです。

後ろ盾というのは、

  • どうなっても何かしら仕事があるという現実面
  • 自分ならできるという精神面

の両面です。

実際のところ自分も、監査法人を辞めて今の職に就いたのは、
ベンチャーへの転職みたいなものでした。
(当時は数えるくらいしか講師がいなかったのです笑)

ですが、特に不安はありませんでした。
自分だったらきっとなんとかなるし、
むしろ、なんとかしてやるという気持ちを持てていたからです。

YouTuber会計士も言っている!

公認会計士になって良かった事ベスト5!リアルな年収、そしてお金よりもっと大切なギフトがあった!

このYouTubeもオススメです。
同様の趣旨のことを言っています。

ちなみに、この方はCPA日吉校の先輩です。
(直接話したことはほとんどないのですが…自習室でずっと勉強していた姿はいまだに覚えています)

最後に

公認会計士という資格は守りにも攻めにも活きる資格です。

どっちの活用法がいいという話ではなく、
公認会計士という資格の活かし方には様々あるということです。

「守り」の面に惹かれて会計士を目指し合格して、
働いていくなかで「攻め」の面に気づく、
なんてこともあります。

公認会計士は本当にいい資格なので、
勉強している方は一生懸命勉強してぜひ合格してほしいと思います。

合格されている方は、守るにしても攻めるにしてもぜひこの資格を有効活用して下さい!

そしてできれば公認会計士という資格の良さを発信してほしいと思います!

コメント

免責事項 当サイトは管理人による個人サイトであり、利用者に対して個々の状況に応じた専門的アドバイスを提供するものではありません(具体的なご相談は、各種専門家にお問い合わせください)。従って、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、当サイトの内容は管理人の個人的な見解であり、CPA会計学院の公式見解ではないことをお断り申し上げます。
タイトルとURLをコピーしました