会計ノーツの公式Twitterはこちら

簿記で大事なのは「左右にわける」こと!借方と貸方をおさえよう!

n

登川 雄太(nobocpa

CPA会計学院 公認会計士講座 講師

簿記の基本である、借方と貸方について解説します。

左右に分けるのが簿記の基本

簿記の大きな特徴として、様々なことを「左右に分ける」という点が挙げられます。

左右に分ける…

「左右に分ける」は、簿記の根幹と言えるくらい大事な考え方なので、最終的にはしっかりマスターしましょう。

ただ今回は、まだ最初じゃからイメージをつかんでもらえればOKじゃ

具体例を3つ用意しました。

①取引を記録する際に左右に分ける

簿記では、取引を記録する際に、左右に分けます。

具体例取引の2面性

  • 当社は、借金をして現金100円を手に入れた。

この取引を普通に捉えると、「この会社は100円借金した」で終わってしまいますが、簿記では違います。

簿記では、この取引を次のように2つの側面で捉えます

左側 右側
現金が増加した 返済義務が増えた

これを、「取引の2面性に着目する」といいます

確かに、借金には「現金の増加」と「返済義務の増加」っていう2つの側面があるね
そうなんじゃ。どっちが左で、どっちが右なのかという点は、おいおい勉強するから、今は気にしなくてOKじゃ。ちなみに、実際には「仕訳」という方法を用いて「現金100/借入金100」と記録するんじゃ

②増減の計算をする際に左右に分ける

簿記では、金額の増減額を計算する際も、左右に分けて計算します。

具体例増減額の計算

<当期の現金の増減>

  1. 現金が1000増えた
  2. 現金が500増えた
  3. 現金が600減った
  4. 現金が1000増えた
  5. 現金が300減った

この現金の増減を普通に計算すると、次のようになるかと思います。

1000+500−600+1000−300=1600

しかし、簿記では左右にわけて計算します

左側(増加) 右側(減少)
1000 600
500 300
1000

このように、増加(足し算)と減少(引き算)を左右に分けて別々に計算するのです。

上記の場合、増加(左側)の合計は2500、減少(右側)の合計は900です。

そして、最後にこの左右の差額を計算し、現金の金額は1600(=2500ー900)と算定します。

左右に分けて計算することで、プラスとマイナスが混在する計算もシンプルに計算ができるようになるだね
ちなみに、足し算は左、引き算は右と決まっているわけではなく、左が引き算になることもあるんじゃ。この点は今後勉強しくから、とりあえず今の段階では「左が足し算と決まっているわけではない」とおさえておくんじゃ

③財務諸表は左右に分ける

財務諸表も左右に分かれます。

財務諸表と左、右

左が借方で、右が貸方

このように、多くの場面で左と右にわけていくのですが、簿記では左・右とはいいません。

借方(かりかた)と貸方(かしかた)といいます

借方と貸方…

借方が左側のことで、貸方が右側のことです。("方"を省略して(借)(貸)と表現することもあります)

借方と貸方

また、左右のことを「貸借(たいしゃく)」といいます

なんで、左を借方、右を貸方っていうの?
ボブ、それは考えちゃダメなんじゃ。ただシンプルに暗記するんじゃ

なぜ英語では左のことをleftというのか?を考えないのと同じように、借方も意味は考えずに覚えるようにしましょう。

覚え方は簡単で、「ひらがなで書く」です。

借方と貸方の覚え方

ひらがなにすると、「り」は左側を、「し」は右側を指していることがわかります。

このように、迷ったらひらがなで書くようにしましょう。

注意

「"借"金と左側は関係ある」と考えると、とても混乱することになります。借方・貸方に特に意味はないと思って、単に覚えるようにしましょう。

でも、意味が知りたいという方はこちら↓

まとめ

以上です。

最後にまとめておきます。

Point

  • 簿記では、取引の2面性に着目して、左と右にわけて記録する
  • 簿記では、金額の増減を計算する際に、左と右にわけて計算する
  • 簿記では、財務諸表を左と右にわける
  • 左のことを借方、右のことを貸方という

コメント

免責事項 当サイトは管理人による個人サイトであり、利用者に対して個々の状況に応じた専門的アドバイスを提供するものではありません(具体的なご相談は、各種専門家にお問い合わせください)。従って、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、当サイトの内容は管理人の個人的な見解であり、CPA会計学院の公式見解ではないことをお断り申し上げます。
タイトルとURLをコピーしました