会計ノーツの公式Twitterはこちら

小切手の振出をアニメーションで理解する【アニ簿記】

現金預金
このノーツを書いた人
nobo(登川雄太)

CPA会計学院で公認会計士講座の講師をしています。会計が大好きで、どうすればわかりやすく教えられるかを日々考えています。
(略歴)慶應高校→慶應大学→在学中に公認会計士試験と日商簿記1級に合格→監査法人トーマツ→CPA

\更新情報を受け取る/

小切手の取引は、

  • 現金勘定を使うのか?
  • 当座預金勘定を使うのか?

と、迷いやすい論点です。

迷ってしまう理由は、取引のイメージがついていないことが原因です。

そこで今回は、小切手の取引(小切手の振出側)について、アニメーションを作成しました。

小切手を振り出した場合には、「当座預金」勘定の減少となります。

この結論をしっかりイメージできるようにしましょう!

注意
スマートフォンで見る場合、まれに横幅がはみ出して表示されることがあります。
この場合、リロード(更新)してみてください。

コメント

免責事項 当サイトは管理人による個人サイトであり、利用者に対して個々の状況に応じた専門的アドバイスを提供するものではありません(具体的なご相談は、各種専門家にお問い合わせください)。従って、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、当サイトの内容は管理人の個人的な見解であり、CPA会計学院の公式見解ではないことをお断り申し上げます。
タイトルとURLをコピーしました