小切手の振出をアニメーションで理解する【アニ簿記】

小切手の取引は、

  • 現金勘定を使うのか?
  • 当座預金勘定を使うのか?

と、迷いやすい論点です。

迷ってしまう理由は、取引のイメージがついていないことが原因です。

 ▼

そこで今回は、小切手の取引(小切手の振出側)について、アニメーションを作成しました。

小切手を振り出した場合には、「当座預金」勘定の減少となります。

この結論をしっかりイメージできるようにしましょう!

スマートフォンで見る場合、まれに横幅がはみ出して表示されることがあります。
この場合、リロード(更新)してみてください。

おまけ

おじさん(先生)

この記事はわかりやすかったかの?

ボブ(勉強中)

うん!もっと会計のこと学んでみたいな!

おじさん(先生)

それなら、会計ノーツの公式本がおすすめじゃ。
その名も「世界一やさしい会計の教科書」じゃ!

会計ノーツの公式本

会計ノーツの管理人である登川が、会計を勉強する全ての方に向けて、

  • 考え方からちゃんと説明すること
  • わかりやすく丁寧に解説すること

を心がけて、書きました。

読み終えた頃には、「よくわかって、楽しかった!」と思えるはず! 

財務3表はもちろん、簿記・仕訳、収益認識、のれん、繰延税金資産などの会計用語、会計理論、財務分析など、財務会計の一通りについて、わかりやすく、丁寧に解説します。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次