「#会計ノーツ」で感想をツイートしよう

【簿記を勉強する前に】会社と株主とお金の関係について理解しよう

論点解説

他の勉強では主人公という概念はないですが、簿記には例外的に主人公がいます。

それは「会社」です。

簿記の主人公は会社?
簿記の問題での主語は「当社」なんじゃ。例えば、「当社は商品を仕入れた」という問題文になるんじゃよ

簿記をスムーズに勉強するためには、まず主人公である会社自体を知っておくことが必要です。

具体的には、「会社」と「株主」と「お金」の関係です。

そこで今回は、簿記の勉強のイントロダクションとして「会社と株主とお金」について解説をします。

コラム企業と会社の違い

簿記を勉強するうえで、「企業」と「会社(株式会社)」を区別する必要はありません。基本的に「企業=会社」と考えて問題ないです。

そのうえで、企業と会社の違いを示すと以下のようになります。


会社(株式会社)と個人商店を合わせて、企業と言います。

会社と個人商店の違いは、規模の大きさです。

  • 会社は、多数の人から多額のお金を集める
  • 個人商店は、会社よりも小規模な感じ

日商簿記検定では、主に会社が対象になるため、本記事では会社(株式会社)を前提に説明をします。

簿記とは?イラストを用いて、勉強内容から試験情報まで全部解説!

会社と株主とお金の流れ

会社、株主、お金の関係を知るには、「会社を設立してから、1年後に利益を稼ぐまで」の流れを理解することが必要です。

よって、会社の1年間に注目して説明をしていきます。

会社の設立

会社は便利な新製品や新サービスを生み出してくれますが、何をするにしてもお金が必要です。

従業員に給料払ったり、商品を仕入れたり、店舗の家賃を支払ったり…お金がないと何もできないね

そのため、会社はまず資金を調達する(お金を集める)ところから始まります。

その資金の提供者となるのが株主です。

会社はまず株主から事業のための資金をもらい、そのお金を使って事業を始めていくのです。

株主からお金をもらうことを「株主から出資を受ける」と言い、また、この出資された額が事業の元となるため「元手」と言うんじゃ
株主が出資をしてくれるから会社は事業が始められる、ってわけね
Point

  • 会社設立時に株主から出資を受ける(お金をもらう)
参考株式

会社は株主に対して、出資の割合に応じて「株式」を発行します。

株式は出資をしてくれた証明書の役割をもちます。

会社の1年間(事業活動)

会社は株主からもらったお金をもとに事業を始めます。

  • 家賃の支払い
  • 商品の仕入れ
  • 商品の販売
  • 給料の支払い

例えば、このような取引を行い利益を稼いでいきます。

利益を稼ぐというのは、ざっくり言えば「お金を増やす」ことです。

例えば、株主からお金を100もらって、1年後にそれが150になっていれば、50の利益を稼いだことになります。

厳密には利益とお金の増加額は同じではないんじゃが、今の段階ではこのイメージでOKじゃ
利益の額と現金増加額がずれる理由|損益計算書とキャッシュ・フロー計算書の比較
Point

  • 株主からもらったお金をもとに利益を稼ぐ(お金を増やす)

会社設立の1年後

配当金

株主から出資された金額(元手)には以下の特徴があります。

  • 会社は、元手の金額について株主に返済する必要はない
  • 会社は、元手の金額を事業のために自由に使える
  • その代わり、会社が稼いだ金額(利益)は株主のもの

出資された金額は返済不要なのでリスクをとった行動ができます。(もし返済が必要なら思い切った行動はなかなかとれませんが、返済不要であるため思い切った行動がとれます)

ただし、その会社の稼ぎだしたお金は株主のものであるため、会社は儲けた金額を株主に分配します


この分配するお金のことを「配当金」と言います。

株主が会社に対して出資するのは、この配当金を受け取るためなんだね
会社っていうのは、株主のために利益を稼ぐ存在という感じね
ルーシーの言うとおり、会社というのは株主のためにあるんじゃ。株主は会社のオーナー(所有者)とも言われるんじゃ

株主総会

利益は株主のものですが、稼いだ全額を配当するわけではありません。

もし仮に、

  1. 儲けた金額を使って、店舗を増やすなど事業を拡大する
  2. 翌期以降の利益がさらに増える

という状況ならば、株主に配当するよりも、会社が事業のために使った方が良いと言えます。

このため、儲けた金額は、その使い道を以下の2つから選ぶことになります。

  • 株主に配当金を支払う
  • 配当金を払わずに会社事業に使う

この利益の使い道は株主自身が決めます

ただし、株主はたくさんいるため、株主たちが会議を行って、その会議で決めていきます。

この会議を株主総会と言い、通常は、1年に1回開催されます。

なお、株主総会では配当金だけでなく、会社の基本的な事項(経営陣の報酬など)も決めます。

Point

  • 会社は株主のお金を運用する存在
  • 元手をベースにして増やしたお金は株主のものであり、その使い道は株主総会で株主が決める
参考資本多数決

株主総会での決定は、多数決により行うのですが、この多数決は「資本多数決」と呼ばれます。

資本多数決の場合、持っている株式数が投票権の数になります。

つまり、多く出資をするほど、会社への影響力が強くなることになります。

まとめ

会社と株主とお金の関係の説明は以上です。

本記事の内容をまとめると以下のようになります。

  1. 会社の設立時に、株主からお金をもらう
  2. 会社が事業にお金を投資する
  3. 事業を行い、お金を増やす(利益を稼ぐ)
  4. 増やしたお金は株主が使い道を決定する

このように、お金が会社と株主の間をぐるぐる回るというイメージになります。

簿記とは?イラストを用いて、勉強内容から試験情報まで全部解説!
この投稿は役に立ちましたか?
役に立った(2人が役に立ったと言っています。)

感想をツイートして頂けると嬉しいです。
専用ハッシュタグ→「#会計ノーツ」
論点解説
\#会計ノーツで感想をツイートしよう/
会計ノーツ 編集長
nobo

会計ノーツ編集長のnoboです。普段はCPA会計学院で公認会計士講座の講師をしながら、会計の教え方を日々研究しています。
公認会計士試験、日商簿記1級に合格済みです。

\更新情報を受け取る/
会計ノーツ|楽しくわかる、わかるは楽しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました