【完全無料】簿記3級独学の決定版★CPAラーニング

【会計的思考】BS思考を身につけて借金地獄を回避しよう!(簿記を実生活に応用する)

n

登川 雄太(nobocpa

CPA会計学院 公認会計士講座 講師

以下の記事で、貸借対照表について「資産と純資産の違い」という観点から説明をしました。

資産と純資産(資本)の違いを理解する!(貸借対照表の解説)

資産と純資産の違いが理解できてる状態を「BS思考」と名付けるとしましょう。

今回はこのBS思考の応用編です。

何に応用するかと言うと、実生活に応用です!

CPAラーニング

借金地獄に陥る思考法

BS思考は実生活に応用が効きます。

具体的には「借金地獄を回避」できるようになります。

借金地獄に陥ってしまう方は、

①借金する→②お金増える→③浪費する→④返済期限くる→⑤お金ないから借りる→・・・

という負のスパイラルに入ってしまうのが特徴です。

明らかに「③浪費する」という点に問題がありますが、そうしてしまう原因は

借金して増えたお金を「自分のお金が増えた!」

と思ってしまうからです。

借金した = 自分のお金が増えた

と思考してしまうのはなぜでしょうか?

この理由を、会計的に説明すると、

BS思考がないから

と言えます。

本記事で言うBS思考とは「資産と純資産を区別して考えることができる」状態です。

逆に、BS思考がないというのは、「資産と純資産が区別できていない」、もっと言うと「純資産という概念がない」状態です。

純資産という概念がなければ、自分の財産を「現金」という1つの側面でしか捉えられません
(資産しかない貸借対照表というイメージです。)

その結果借金のお金を浪費してしまうのです。

BS思考がないと…

借金を500した場合、

手元のお金が500増えた = 自分のお金が500増えた

と思ってしまう。

だから浪費して借金地獄に陥る。

CPAラーニング

BS思考で借金地獄を回避する

対して、BS思考があればそうはなりません。

BS思考があれば手元のお金(資産)と純資産が別物とわかっています。

そのため、

「借金で現金が増えても、負債が増えているだけで、純資産は増えていない」

と理解できるため、浪費してしまうことを防ぐことができるのです。

BS思考を身につけると!

借金を500した場合、

BS
借方 貸方
資 産 +500 負 債 +500
純資産 ±0

 
純資産は増えてないから浪費はまずい!

と判断できる

ぜひ、資産と純資産の違いを理解して、健全な日常を送れるようにしましょう!

【会計的思考】人生における大切なことは、P/Lが教えてくれる
会計コラム
\この記事をツイートする/
完全無料で簿記が勉強できるの知ってますか?

合格に必要なすべてが無料でご利用できます。手間もかからず、1分で学習開始が可能です。
気軽にどうぞ!

★出版のお知らせ★

P.S.
最後までお読み頂きありがとうございます!
この下にコメント欄がありますので、ぜひお気軽に感想や質問ください(n^o^)b

会計ノーツ|楽しくわかる、わかるは楽しい。

コメント

免責事項 当サイトは管理人による個人サイトであり、利用者に対して個々の状況に応じた専門的アドバイスを提供するものではありません(具体的なご相談は、各種専門家にお問い合わせください)。従って、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、当サイトの内容は管理人の個人的な見解であり、CPA会計学院の公式見解ではないことをお断り申し上げます。
タイトルとURLをコピーしました