会計ノーツの公式Twitterはこちら

財務諸表の概要をおさえよう!

n

登川 雄太(nobocpa

CPA会計学院 公認会計士講座 講師

さあ、簿記の学習が本格的にスタートします。

最初に勉強するのは、序章でも登場した財務諸表(ざいむしょひょう)。簿記の目的である財務諸表って一体どういうものなのでしょうか?

本記事で大まかに説明したうえで、次の記事以降で詳細を説明します。

貸借対照表と財政状態、損益計算書と経営成績

会社は1年に1回、「財政状態(ざいせいじょうたい)」と「経営成績」という2つの成績を報告するために、2種類の財務諸表(会社の成績表)を作成します。

2つの財務諸表にはそれぞれ名称があり、「貸借対照表」と「損益計算書」といいます

Point

  • 貸借対照表・・・会社の財政状態を報告する財務諸表
  • 損益計算書・・・会社の経営成績を報告する財務諸表

会社は貸借対照表で財政状態を報告し、損益計算書で経営成績を報告します。

財政状態と経営成績?

財政状態と経営成績の意味は、次の記事以降で詳しく学習していきますが、簡単に表現すると次のようになります。

財政状態:今、何をいくら持っているのか(財産の状態)

経営成績:この1年間で、何をしてどれくらい儲かったか(儲けの状況)

簿記の学習は、貸借対照表と損益計算書を理解するところから始まります。

しっかり理解していきましょう。

貸借対照表と損益計算書

参考英語表記と略語

財務諸表を英語にすると次のようになります。

  • 財務諸表:Financial Statements
  • 貸借対照表:Balance Sheet
  • 損益計算書:Profit and Loss Statement

それぞれの頭文字をとって、略語で表現することが一般的です。

英語の略語
財務諸表 F/S(エフエス)
貸借対照表 B/S(ビーエス)
損益計算書/td> P/L(ピーエル)
"ビーエス"と聞いたら、「"貸借対照表"のことだ!」って思えるようになるぞ

簿記の5要素

財政状態と経営成績を示すために、財務諸表は5つの要素に分けて作成するルールになっています。この5つの要素を「簿記の5要素」といい、具体的には次の5つをいいます。

簿記の5要素

  • 資産(しさん)
  • 負債(ふさい)
  • 資本(しほん)
  • 収益(しゅうえき)
  • 費用(ひよう)

5要素のうち3要素(資産、負債、資本)は貸借対照表で使用し、残りの2要素(収益、費用)は損益計算書で使用します。

5要素と財務諸表
ふむふむ

あ、今はまだ「ふーん」って感じで大丈夫です。
次の記事から詳しく説明するので👍

Point

  • 資産、負債、資本→貸借対照表
  • 収益、費用→損益計算書

勘定科目

例えば、現金を500円、土地を300円分持っている場合、貸借対照表には「現金 500円」、「土地 300円」と書きます。

このように財務諸表では、名称と金額を1つのセットにして表示します。

この名称のことを「勘定科目(かんじょうかもく)といいます。

勘定科目の具体例

勘定科目 5要素
現金 資産
土地 資産
貸付金(かしつけきん) 資産
借入金(かりいれきん) 負債
買掛金(かいかけきん) 負債
資本金(しほんきん) 資本
勘定科目の隣に5要素が書いてあるね

1つひとつの勘定科目は、簿記の5要素のいずれかに属します。学習を進めていく際は、勘定科目がどの要素の勘定科目なのかをおさえることが重要です。

勘定科目と5要素はセットでおさえるぞ!
勘定科目と5要素

参考勘定科目と英単語の共通点

勘定科目は、英語における英単語のようなイメージです。

1.5要素と品詞
英単語の場合、playは動詞、sheは代名詞というように、英単語ごとに品詞が決まっています。勘定科目の場合も、現金は資産、借入金は負債というように、勘定科目ごとに5要素が決まっています。

2.勘定科目名とスペル
英単語はそのスペルが決まっているように、勘定科目もその名称は決まっています。例えば、お金を意味する「現金」という勘定科目を、「お金」や「小銭とお札」といったように、「現金」ではない勘定科目名を使用することはできません。(ただし、複数の勘定科目名が許容されているものはあります。)

なお、勘定科目の数は英単語よりも少ないため、無理に覚えようとせずに、勉強していくなかで自然と覚えていくのがよいでしょう。勘定科目は日本語なので、英単語よりも直感的に意味がつかみやすいと思います。

よかった〜!

ちなみに、会計ノーツでは「勘定科目一覧まとめ」を作っているので、どうぞご覧下さい。

勘定科目一覧まとめ(簿記3級)

コメント

免責事項 当サイトは管理人による個人サイトであり、利用者に対して個々の状況に応じた専門的アドバイスを提供するものではありません(具体的なご相談は、各種専門家にお問い合わせください)。従って、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、当サイトの内容は管理人の個人的な見解であり、CPA会計学院の公式見解ではないことをお断り申し上げます。
タイトルとURLをコピーしました