食える資格〜東洋経済にインタビュー記事が載りました

こんにちは!

昨日発売の週刊東洋経済、みなさんはもうお読みになられたでしょうか?

今週号は資格特集となっており、
100個の資格が紹介されてます。

↑Amazonリンク

中を見てみると、

1つ目は公認会計士、そして6つ目が簿記検定でした。
(順番に特別な意味はなさそうですが、たまたま序盤で会計系の資格が取り上げられてます)

それぞれの資格で「人気講師が教える勝ち筋」というコラムが用意されてます。

その分野の講師1人が取り上げられているのですが、

公認会計士は国見さん(CPA会計学院の代表)で、

簿記検定は、なんと、私、登川です!

とは言っても、すごく小さくしか載っていないので、
言われないと気づかないレベルなんですが、
せっかくなのでぜひお手に取ってみてほしいと思います。

ちなみに特集名は「食える資格と検定」というものです。

SNSでは「資格取っても食えるわけじゃない。資格に意味はない」
なんて意見をみることもありますが、僕はそう思っていません。

確かに、「資格さえあれば食っていける」という単純な話ではありませんが、

少なくとも、

  • その分野の専門知識を体系的に身につけられる
  • そして、身につけたことを証明できる

という点は資格だからこそのメリットだと思います。

また、「資格に合格しよう」という想いは、
モチベーションにもなり、勉強意欲につながる点も大きいと思います。

食っていくためには、「知識」と「経験」の2つが必要ですが、
「まず知識を得る」という点では資格の勉強が一番の最短距離でしょう。

最近は色々な方と話す機会が増えているのですが、
どの会社でも、会計知識をもっている人(会計人材)が足りてない、
ということをよく耳にします。

簿記の勉強で得られた知識は、社会から求められているものなのだと実感します。
その点では、簿記は「食える資格」だと言えると思います。

最後に余談ですが、今回は、

3月末に編集者からTwitterで直接ご連絡を頂き、
4月頭にインタビュー実施、
4月末に雑誌発売

という超スピードでの展開でした。

週刊誌の仕事はこんなペースでやられているのでしょうか。

そのスピード感にただただびっくりです。

おまけ

おじさん(先生)

この記事はわかりやすかったかの?

ボブ(勉強中)

うん!もっと会計のこと学んでみたいな!

おじさん(先生)

それなら、会計ノーツの公式本がおすすめじゃ。
その名も「世界一やさしい会計の教科書」じゃ!

会計ノーツの公式本

会計ノーツの管理人である登川が、会計を勉強する全ての方に向けて、

  • 考え方からちゃんと説明すること
  • わかりやすく丁寧に解説すること

を心がけて、書きました。

読み終えた頃には、「よくわかって、楽しかった!」と思えるはず! 

財務3表はもちろん、簿記・仕訳、収益認識、のれん、繰延税金資産などの会計用語、会計理論、財務分析など、財務会計の一通りについて、わかりやすく、丁寧に解説します。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次